山崎紘菜は可愛い?可愛くない?月9に出演するなどブレイク必須!

 

山崎紘菜さんは2016年秋の月9ドラマ「カインとアベル」に出演をするなど、次にブレイクしそうなネクストガールの一人で長澤まさみさんが所属する事務所ということもあり妹分として見られることもあるようです。

スポンサーリンク

月9ドラマに出演をしたからブレイクするってわけではないと思いますが、すでに映画などでも活躍をしているので一定の知名度もあるので、今後はテレビドラマで大きく花開くことに期待したいですね!

山崎紘菜のプロフィール

山崎紘菜

  • 本名:山崎紘菜(やまざき ひろな)
  • 生年月日:1994年4月25日
  • 出身:千葉県
  • 身長:171cm
  • 特技:スポーツ全般、映画鑑賞、音楽鑑賞
  • 所属事務所:東宝芸能

山崎紘菜さんは本名で活動をしているのですが、デビューのきっかけとなったのが長澤まさみさんを輩出したことで知られている第7回東宝「シンデレラ」オーディションで審査員特別賞を受賞したことです。

グランプリではなく特別賞だったのですが、これがきっかけになり2012年に映画「僕らがいた」で女優デビュー、ドラマ「高校入試」でドラマデビューを果たすことになり「悪の教典」、「orange」といった映画に、最近では月9ドラマ「カインとアベル」の柴田ひかり役で出演をするなど活動の場を広げている、いま注目の女優さんです!

目標としている女優さんは長澤まさみさんなんだそうですが…これって同じ事務所だし、同じオーディションからデビューしたこともあって、そう言わざるを得ないんじゃないかなと思うんですけど、どうなんでしょうかね(笑)

高校では陸上選手だった?

山崎紘菜さんは千葉県立検見川高校に通っていたのではないかと言われています。

東宝芸能のプロフィール欄に走り高跳びで千葉県新人陸上競技大会に出場したということが書かれているのですが、千葉県の陸上に大会記録に「検見川高校山崎紘菜」と書かれていることが誰かが見つけたらしいです。

というか、こんなの誰が突き止めるんだろうか。熱狂的なファンなのかね、怖いね。

山崎紘菜さんはスポーツ全般得意のようですが、特に陸上の棒高跳びが得意らしいです。他にも、英語検定準二級と数学検定三級の資格を持つなど、学力もそこそこみたいですね。

大学は外国語大学

大学にもきちんと通っていたようで、インタビューで外国語の大学に通っているということを明らかにしていたようで、住んでいた場所から判断して東京外国語大学に通っているのではないと言われています。(明治大学のラグビーのポスターに登場したことから明治大学とも言われているようですが..)

ということは、英語はそこそこ話すことができるということなのでしょうかね。好きで英語を習得しようとしているのか、女優としてん幅を広げるために英語を学んでいたのかは分かりませんが、英語が話せるだけでも出来ることの幅が広がりますからねー。

例えば、世界ふしぎ発見のミステリーハンターとか(笑)

ちなみに、映画「神さまのいう通り」に出演した山崎紘菜さんは第9回ローマ国際映画祭にてイタリア語と英語でスピーチをして喝采を受けたんだそうですよ。ってことは、バリバリ英語を話せるってことなんですね。

凄いですね。

スポンサーリンク

可愛い?可愛くない?

山崎紘菜さんは可愛いって人もいれば、可愛くないっていう人もいます。

どちらも正解でしょう。僕も最初見たときは「個性的な顔ですね。」って思いました。でも、何回か見ていくうちに「可愛いじゃん」に変わりました。ちょっと、何故だか分かりませんが、写真の角度や写り方によって可愛くなく見えることもあるように感じますが、ドラマなんかで動いている山崎紘菜さんを見てると仕草を含めて「全体的に可愛い」って感じるようになったんです。

なので、個人的には可愛いと思っています。身長が意外と大きいことに少し驚いてしまいましたが。皆さんはどうですかね?

喫煙者という噂

まあ、別にタバコくらい吸っててもいいと思うんですけど、喫煙者ではないかという噂があります。

出どころはよく分からないので、本当かどうかは不明。

ただ、山崎紘菜さんは金髪にしていた時期もあり、これがタバコの印象に結びついた可能性もあるのかなーって思っています。

山崎紘菜 金髪

金髪姿も可愛いじゃない〜。

月9「カインとアベル」に出演

山崎紘菜さんは月9ドラマ「カインとアベル」に主人公の高田優(山田涼介さん)の同期で密かに思いを寄せているという柴崎あかりという役で出演をしています。

目力が強いのか演技に引き込まれるような印象を持ったのですが、密かに想いを抱いている感じが非常に可愛いらしくていい感じですね。脇役なのでそんなに出演時間は長くありませんが、可愛いと感じている人も多いはずです。

今後、もっと登場シーンが増えることに期待したいですねー。

スポンサーリンク