柳楽優弥の華々しいデビューから精神を病んだ激動の人生が凄い!妻の支えが復活させた?

俳優の柳楽優弥さん、最近はドラマや映画で良く見るようになりブレイクした俳優さんの一人ではないでしょうか。やはり個性的な風貌と雰囲気、演技力を持っているからでしょう。

スポンサーリンク

そんな、柳楽優弥さんですが2017年1月より始まるNHKのドラマ「お母さん、娘をやめていいですか?」に出演をすることになります。主役の波瑠さんの恋人役を演じるということで、ちょっと楽しみなんですよね。

柳楽優弥のプロフィール

柳楽優弥

  • 名前:柳楽優弥(やぎら ゆうや)
  • 生年月日:1990年3月26日
  • 出身:東京都
  • 身長:174cm
  • 血液型:A型
  • 所属事務所:スターダストプロモーション

柳楽優弥さんが芸能界に入ったきっかけは友人が芸能プロダクションに所属しており「楽しそうだった」と思い「自分を周りを笑わせたい」という理由だったそうです。

周囲に影響されるとはこのことなんでしょうね。思いっきり、柳楽優弥さんはその友達に影響されたわけです。その友達はどうなったのかが気になるところですが。

役者としてスタートダッシュしすぎた10代

映画「誰も知らない」が初めてのオーディションとなった柳楽優弥さんですが、「目力がある」と評価されて14歳で主役に抜擢されることになります。確かに目力、ありますわー。

yagurayuuya06

柳楽優弥さんはこの映画で第57回カンヌ国際映画祭コンペティションで史上最年少で男優賞を獲得、文化関係者文部科学大臣表彰、「TIME」誌アジア版「2004 Asia’s Heroes」に選出されるという快挙を成し遂げることになります。

凄いですね。14歳って中学生の時ですよ。しかも授賞式はテストがあるから出席することができなかったって(笑)

ちなみに、その時の柳楽優弥さんはこんな少年でした。

yagirayuuya01

この時から素晴らしい目力です。

yagirayuuya02

2004年のデビュー作でいきなり男優賞を獲るなど華々しいデビューを飾ることになり、その後も「星になった少年」、「シュガー&スパイス 風味絶佳」、「ジーニアス・パーティ 」、「包帯クラブ」…と主演映画がずっと続くことになります。

急性薬物中毒に…

しかし、2008年に自宅で睡眠薬などの安定剤を100錠以上服用してしまい急性薬物中毒で病院に搬送されるという事件が発生してしまうことに。

100錠ってヤバいですよ…。

一時期、重体になっていたそうなので、本当に生死の淵を彷徨っていたということなのかもしれません。

なぜ、こんなことをしてしまったのか。やはり、カンヌ受賞が彼にとって大きなプレッシャーになってしまい、10代後半ではそのプレッシャーにより「仕事をもうやめたい」と思うようになっていました。

これだけの薬を一気に飲んだ行動は自殺に思われても仕方がない状況ですが、柳楽優弥さんのインタビューによると自殺ではなかったそうです。でも、薬を大量に飲んだら死んでしまうことを判断することもできないくらい精神が不安定になっていたということは間違いない事実でしょう。

スポンサーリンク

豊田エリーが支える

柳楽優弥さんは、2009年12月2日に女優の豊田エリーさんと婚約をし2010年1月14日に入籍をし10月には女の子が誕生しています。

柳楽優弥 豊田エリー

実は二人は高校の時から交際をしており、お子さんの名前も高校の時から二人で考えていたくらいの仲だったのです。

なので、柳楽優弥さんが苦しんでいたことを豊田エリーさんが誰よりも一番知っているのでしょう。なので、彼にとって豊田エリーさん以外の人と一緒になるなんてことは考えもしなかったのかもしれません。

柳楽優弥さんって、あー見えて(?)かなり純粋な男のかもしれませんね。ドラマ「ゆとりですが何か」でも、オッペーイって叫んでいたけどかなり純粋なところありましたね。(役だけど)

居酒屋や洗車のアルバイトをする

色々と事件を起こしてしまった柳楽優弥さんは2008年以降に仕事が無くなってしまいました。豊田エリーさんと結婚をした時もほとんど仕事がない状態で、新婚早々引きこもり状態になってしまうのです。

ちなみに2009年頃は体重がかなり増えてしまっているようで…ぶくぶく。

yagirayuuya05

しかし、男として働かないのはどうかと考え2010年10月から車のディーラーで10ヶ月間(しかもアメリカという話)、飲食店での接客業をするなど今までやって来なかった仕事をアルバイトを通して経験することになったのです。

柳楽優弥さんは21歳にもなり世間一般の常識がないまま来てしまったことにコンプレックスを抱いており、この経験が今後の人生において非常に役に立っているそうですよ。

2011年にWebドラマ「ブリザード」で復活。

yagirayuuya04

といっても、かなり痩せすぎのような…。役作りだったのか、精神的に不安定でこうなってしまったのか..?25kgもの減量に成功したというから驚きです。

しかし、2012年に蜷川幸雄演出作品の舞台「海辺のカフカ」で主人公のカフカ役に抜擢されたり、2014年のドラマ「アオイホノオ」で連続ドラマ初主演を果たし、最近では朝ドラ「まれ」やドラマ「ゆとりですがなにか」、大河ドラマ「おんな城主 直虎」にも出演するなど主演以外の役でも広く活躍をしていますね。

一時期のように主演続きだとプレッシャーを感じてしまいますが、普通の役を演じることで、作品全体としてどう演じていたらいいのかとか、肩の荷が少し降りて精神的にも良い状態になっているんじゃないのかなと思いますね。

スポンサーリンク