浦上晟周が可愛い男の子からカッコいい男に成長!演技力も高い期待の俳優!

俳優の浦上晟周さんは次世代の役者として注目を浴びている一人であり、最近では大河ドラマ「真田丸」で堺雅人さんが演じる真田幸村の息子である真田大助を演じたり、フジテレビの「痛快TV スカッとジャパン」にもよく出演をしていることで知られていますね。

スポンサーリンク

まだ17歳の高校生ということで、これからの俳優さんでどのような活躍を見せてくれることになるのか非常に楽しみです。

浦上晟周のプロフィール

浦上晟周

  • 本名:浦上晟周(うらがみ せいしゅう)
  • 生年月日:1999年11月23日
  • 出身:東京都
  • 身長:161cm
  • 血液型:A型
  • 特技:ダンス
  • 趣味:読書・イラストを描く
  • 所属事務所:アミューズ

晟周(せいしゅう)という少し変わった名前ですが本名なんだそうです。「晟(せい)」という漢字は「明らか、明るい、盛んな。」という意味があり、まさに名前のごとく明るい子に育って欲しいという思いから名付けられたのでしょうか。(単なる想像です。)

デビューから大河ドラマ

浦上晟周さんは8歳の時に三菱UFJフィナンシャル・グループのCMに出演したことで芸能界デビューを果たします。

そして、10歳の時に、2009年に放送されたドラマ「DOOR TO DOOR〜僕は脳性まひのトップセールスマン〜」で俳優としてデビューをしています。それ以降、「ハガネの女2」、「家族ゲーム」、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」などに出演し、2016年の大河ドラマ「真田丸」で真田大助役を演じるなど活動の幅を広げつつあります。

ちょうど成長期を迎えるときに俳優デビューをしているので、見るたびに大人っぽくなっていく姿が大人心を燻りますよね。

デビュー当時(10歳)の時はいかにも小学生の可愛い子供という感じでしたが…

uragamiseisyuu03

12歳の時に出演した「ボーイズ・オン・ザ・ラン」では少年になり…

uragamiseisyuu04

14歳の時に出演した「医龍」ではお兄さんになり…

uragamiseisyuu05

16歳の時に出演した「真田丸」ではこんなにも立派になりました。

uragamiseisyuu01

いやー、成長期の記録がドラマで追えるっていうのも凄い人生ですね。

ちょうど、14歳から15歳の時に声変わりをしたことで「可愛い男の子」から「カッコいい男」になりました。まだ17歳ですから、これからまだまだ変化を楽しむことができそうですね。

スポンサーリンク

ちなみに浦上晟周さんは2013年に放送されたドラマ「家族ゲーム」で注目を集めることになりましたが、このドラマには300人のオーディションを勝ち抜いて落ちこぼれの沼田茂之役を演じることになります。

共演した嵐の櫻井翔さんが浦上晟周さんのことを「とんでもない優等生が現れた!春休みの宿題もしっかりと終わらせて、台詞を間違えたり、確認することもない」と絶賛コメントをしていたそうです。

確かに、宿題をしてセリフを覚えてって大人顔負けの忙しさですよね(笑)

確かな演技力の持ち主

大河ドラマ「真田丸」では堺雅人さんが演じる真田信繁の息子の大助を演じていますが、なかなか好演技をしているのではないでしょうか。

浦上晟周さんんが演じる大助は最初はパッとしない雰囲気の男でしたが、次第に父親と絡みだしてから命が吹き込まれたかのように瞳が輝き男らしい青年に成長していましたが、浦上晟周さんはこれを見事に演じていたと思います。彼だからこそ演じることができたのかなと思います。

信繁が改名をしようとした時に信繁から「くじを引いてくれ」と重大な役を演じていました。くじで名前を決めるというまさかの父親の行動ですが、この時の緊張感のある演じ方はなかなか良かったですね。

ちなみに、2015年公開の映画「エイプリルフール」では小野花梨さんとキスシーンもすでに経験済み!まだ14歳の時だよ?ドキドキしただろうねー、ただでさえ多感な時なのに。あ、でも学校とかで普通にモテそうだしそうでもなかったのかな?

それにしても、今後の成長が楽しみな浦上晟周さん。もっともっと、色んなドラマに出演をして演技を磨いていって欲しいなと思います。

スポンサーリンク