豊嶋花は子役の天才で演技が上手くて可愛い!芦田愛菜に似てる?

豊嶋花さんは2007年生まれの現在10歳の子役ですが、1歳の時から芸能活動をしているのですでに芸歴10年ほどあるということになります。物心付く前から芸能の世界に携わっているって想像もできないことですが、豊嶋花さんにとってはごくごく当たり前のことなのかもしれません。

スポンサーリンク

2017年10月からスタートするテレビ朝日の昼ドラで黒柳徹子さんの半生とその家族の物語を描く「トットちゃん!の放送が始まりますが、なんと豊嶋花さんが黒柳徹子さんの幼少期時代を演じます。つまり、主演ってことです!凄いですよね〜、10歳で主演の座をとっちゃうんですから。

ちなみに、青年期以降は清野菜名さんが演じることになります。

豊嶋花のプロフィール

  • 名前:豊嶋花(とよしま はな)
  • 別名義:豊島花(とよしま はな)
  • 生年月日:2007年3月27日
  • 出身:東京都
  • 血液型:O型
  • 趣味:人形の世話・絵本を読む・お絵かき
  • 特技:うた、ダンス、よく食べる
  • 事務所:スマイルモンキー

1歳から芸能活動をしている

豊嶋花さんは1歳の頃から芸能活動をしており現在は第2の芦田愛菜とも呼ばれているほど、多方面から引っ張りだこの子役さんです。どのような経緯で芸能活動を始めたのかは分かりませんが両親が我が娘の可愛さを見てこの世界に入れたのかもしれませんね。

NHKのEテレ「いないいないばあっ!」の出演が芸能界デビューになった豊嶋花さんですが、当たり前ですがこの時のことは覚えてないでしょうね(笑)

当時は赤ちゃんモデルとして活躍をしていたそうで、テレビのCMやドラマ・映画に出演し始めたのは2011年の5歳になってからで、東進こども英語塾のCMでCMデビュー、ドラマは「法医学教室の事件ファイル33」で初出演をしています。

2012年にドラマ「東京全力少女」で連続ドラマ初出演を果たし、同じ2012年にNHK「梅ちゃん先生」で朝ドラデビュー、2013年前期の朝ドラ「あまちゃん」で小泉今日子さんが演じていた天野春子の幼少期役、さらに2013年後期の朝ドラ「ごちそうさん」では杏さん演じる卯野め以子の幼少期役を演じています。

続けて朝ドラ3作品に出演してしまうって凄いですよね。まだ6歳〜7歳の時だから小学1年生の時か…。

ちなみに2013年の映画「真夏の方程式」で杏さんが演じていた川畑成実の幼少期役も演じており、違う作品で2回も杏さんが演じる役の幼少期時代を演じるって偶然とはいえ運命すら感じてしまいますよね。

2012年頃からドラマや映画で活躍をしている豊嶋花さんですが、最近はちょっと大人っぽくなってきたようにも感じますね。

なんだろう。女優としての貫禄が早くも出てきたような感じもします。まあ、芸歴でいったら10年ですもんねー。

スポンサーリンク

演技もなかなか上手い

演技力にも定評があり2012年に公開された映画「外事警察 その男に騙されるな」では心理的ショックで言葉を話せない奥田琴美役を演じましたが、言葉を話すことができない役柄で何役でしたが見事にそれを演じきり注目を浴びることに。監督も「この子であれば、セリフはいらない」と確信したそうですよ。

松岡昌宏さん主演のドラマ「家政夫のミタゾノ」にも出演をしていたんですね。

演技の評判もなかなか良いですね。

芦田愛菜と似ている

豊嶋花さんは第2の芦田愛菜とも呼ばれることがあり、映画「外事警察 その男に騙されるな」の撮影で韓国ロケに行っていた時に日本人観光客から「芦田愛菜ちゃん?」と声を掛けられたこともあるんだとか。彼女自身、芦田愛菜さんは憧れの存在なんだそうで、かなり嬉しかったそうですよ。

確かに似てるかもしれませんね。ちなみに、芦田愛菜さんはNHKの朝ドラへの出演は一度もしたことがありません。ちょっと意外ですよね。

まあ芦田愛菜さんの場合はドラマ「マルモのおきて」で一気にブレイクして主演級の子役になってしまったので、朝ドラの子役としての起用は難しくなってしまったんでしょうね。だから高校生くらいになったら朝ドラの主演で起用される可能性が高そうですが。

そういった意味では豊嶋花さんの方が幼少から幅広い作品に出演をし、様々な役柄を演じていることになり、これからがかなり期待できそうな予感がしますね。どんな女優さんに成長していくのか。非常に楽しみです!

スポンサーリンク