杉山セリナはメキシコ人のハーフで本名は?ワイドナ現役高校生からNEWS ZEROのキャスターに!

 

杉山セリナさんという方が日テレの深夜の報道番組「NEWS ZERO」のキャスターに大抜擢されたことが話題となっていますが、杉山セリナさんが芸能界に入ったのは2016年2月のことですからわずか1年で報道番組のキャスターに起用されるとは、タイミングも良かったのかもしれませんが、なかなか凄いことなのではないでしょうか。

スポンサーリンク

杉山セリナのプロフィール

杉山セリナ

  • 名前:杉山セリナ
  • 本名:杉山芹那
  • 生年月日:1997年9月24日
  • 出身:静岡県静岡市
  • 身長:170cm
  • 血液型:B
  • 特技:英語、スペイン語、剣道2段
  • 趣味:音楽鑑賞、映画鑑賞、散歩
  • 学歴:上智大学外国語学部英語学科在学中
  • 所属事務所:アミューズ

メキシコ人のハーフで本名は?

杉山セリナさんは名前からハーフの方なんだろうなと思ってしまいますが、その思惑通りハーフのようです。しかし、本名は普通に漢字の「杉山芹那」と書くようですね。

やはりハーフであることを一つのウリにしていったほうが芸能活動がしやすいという部分があったのかもしれませんね。杉山セリナさんは父親がメキシコ人で母親が日本人のハーフなんだそうです。となると、ハーフではなくメキシコ人のクォーターということになるのかな?

ちなみに幼稚園の年長から小学校5年生までメキシコの「世界で最も危険な殺人の首都」と呼ばれている都市フアレスから近いトレオンという街に住んでいたそうです。そこに住んでいたわけではないというオチ…(笑)でも、そんなおぞましい町から近いせいか治安はかなり悪く夜に渡ると生きては帰ることができない橋があったりするんだとか…。

ヤバイですよね。そういう場所が本当にあるということが…。

スペイン語と英語を話せるトリリンガル

杉山セリナさんは幼少期にメキシコに住んでいたおかげでスペイン語と英語をネイティブに話すことができるようになり、現在は日本語も含めて3ヶ国語を話すことができるトリリンガルとなりました。

幼少期の頃に得たものが今の仕事に繋がっていくって素晴らしいですね。そう考えると、幼少期に少しは人とは違った人生を歩ませてやることも、その子の将来を切り開く何かに繋がる可能性もあるということなのかもしれません。

そんな杉山セリナさんが芸能界に飛び込んだきっかけとなったのが、中学三年生の時に英語のスピーチ大会に出場するために東京に来ていた時にアミューズの人にスカウトされたことなんだとか。

スポンサーリンク

NEWS ZEROのキャスターに

杉山セリナさんは2016年2月にフジテレビの「ワイドナショー」に「ワイドナ現役高校生」として初出演を果たしました。

ワイドナ現役高校生 杉山セリナ

ここで幼少期時代にメキシコに住んでいて、小学校の時にマフィアが一般の人を殺して生首を道端に並べていたりしていたのを目撃したことがあったりと、かなり強烈な経験をしてきたことを告白していました。

この回のワイドナショーを見ていた記憶がありますね。あまりにも内容が凄すぎて。日本に住んでいたら、本当に想像ができない世界ですが本当にそういう世界があるんですよね。行ってみたいようで行きたくない。

2016年2月にワイドナ現役高校生としてワイドナショーに出演をしていた杉山セリナさんですが、ちょうど卒業前だったんですね。明智大学に入学してたった1年でNEWS ZEROのキャスターに起用されることになり、2017年4月7日から出演予定で金曜日のカルチャーコーナーとお天気コーナーと努めることになるようです。

ちなみに、それ以外にもBS朝日の国際報道番組CNNサタデーナイトのメインキャスターとして2016年4月より起用されており、知的な雰囲気を生かした活動をした結果というところでしょうか。

スポンサーリンク