シシドカフカの眉毛が可愛い!ドラムを始めたきっかけや本名や高校時代について!

 

ドラムを叩きながら歌うスタイルの女性ドラマーでモデルとしても活躍しているシシド・カフカさんですが、最近ではドラマや映画にも出演をするなど多方面で活躍をされており、2107年6月から朝ドラ「ひよっこ」にもあかね荘の住人・久坂早苗として出演をしています。今までとは少し雰囲気が違うのでちょっと注目ですね。

スポンサーリンク

最近はドラマに出演をするなど女優として活躍をしている、シシド・カフカさんですが本職のドラムを叩いて歌っている姿は本当にすごいの一言ですよね。雰囲気的に謎に満ちているシシド・カフカについて、色々とまとめてみました!

シシド・カフカのプロフィール

シシド・カフカ

  • 本名:宍戸祐名
  • 生年月日:1985年6月23日
  • 出身:メキシコ(アルゼンチン育ち)
  • 身長:175cm
  • 血液型:A
  • 特技:ピアノ、バイオリン
  • 学歴:不明
  • 所属事務所:JUSTA MUSIC

ハーフではなく日本人だった

シシド・カフカさんはどこかの国のハーフかと思っていたのですがご両親は純日本人なんだそうです。妖艶な雰囲気があるから中国系なのかなと思っていたんですけど全然違いました…。

でもメキシコで生まれたということで普通とは少し違うと言ってもいいかもしれませんね。ご両親のお仕事でメキシコに滞在していたということなのでしょうかね。そんなシシド・カフカさんはメキシコで生まれてから12歳頃まで日本で暮らしておりその後アルゼンチンに移住をしたんだそうです。

もちろん日本語しか話すことができないシシド・カフカさんは中学時代はかなり厳しい思いをして過ごすことに。一番多感な時に未知の地で過ごすことになるってなかなか凄いですよ。

でも、言葉の壁を乗り越えることができずにアルゼンチンで過ごした2年間は一人で過ごすことが多かったそうです。

いやー、これはかなり可哀想ですけど、この経験が元になり日本に帰って着てから言葉の壁が無いんだからと活発に活動することができるようになったそうなので、現在の基礎になっていることは間違い無いでしょうね。

ドラムを始めてデビューまで

シシド・カフカさん14歳の時に両親からサイレントドラムをプレゼントされたことがドラムを始めるきっかけとなります。しかも、ドラムを本格的に習う為に人気ジャズ・バンドのプロドラマーであるダニエル・ピピ・ピアソラさんをトレーナーになったそうです。

そこでドラムの基礎を学み中学3年生の時に日本に帰国し高校では早速バンドを組んで活動を開始します。高校は一貫校だったそうで閉鎖的な雰囲気がとても嫌で、とにかく外で活動をしたいと思い得意だったドラムを生かしてバンドを組んだりしていたそうです。

そして、大学時代には最高で8バンドを掛け持ちをしていたというから驚きです。とにかくいろんなバンドでドラムを叩いて叩いて叩きまくったということでしょうかね。

20歳の時にドラマーの大島賢治さんと音楽プロデューサーの平出悟さんと出会い一緒に音楽をすることになり、当時は普通のボーカルとしてオーディションに参加したりしていたそうです。しかし、なかなかデビューが決まる来なく5年という歳月が流れていくこに..。

そしてある日、二人から「ドラムを叩きながら歌ってみたらどうだろうか?」と提案され、それを試してみたことろドラムを叩きながら歌うというスタイルがしっくりときて、さらにこれが評判となりデビューすることになったそうです。

シシド・カフカのドラム

結構苦労されているんですねー。でも自分が得意な分野を生かしながらデビューすることができたのは本人も良い方向に進んだと思ったかもしれませんね。

シシド・カフカの本名について

シシド・カフカさんの本名は「宍戸祐名」と言いデビューするまで本名を使って活動をしていました。

そんな中で音楽プロデューサーの平出悟さんに改名をしてみてはどうだろうかと提案されて、コピライターの渡辺潤平さんが「シシド・カフカ」という名前を名付けたそうです。

彼女はいつも黒い服を着ていたことから、それをイメージしてコクマルガラスというカラスのチェコ語の呼び方である「カフカ」と「シシド」を結びつけて「シシド・カフカ」になったんだそうです。

スポンサーリンク

女優としてデビューへ

シシド・カフカさんはドラマーとして活動をする傍らでモデルとしてもデビューします。背が高く妖艶な雰囲気を持っているのでモデルさんとしても上手く行きますよね。

実は女優デビューは2012年公開の映画「愛を歌うより俺に溺れろ!」でバラエティ番組やドラマなどに出演をし始める前に果たしています。

そんな中で2013年に「新・堂本兄弟」デレビュラー出演をするようになってからバラエティ番組にも出演をするようになりさらに活動の場を増やすことになります。そして、2014年10月に放送されたドラマ「ファーストクラス」で川島ナミ絵役として起用され、最近では「痛快TVスカッとジャパン」で嫌な女上司役で出演をしていますね。

そして、2017年1月から放送されるドラマ「視覚探偵 日暮旅人」で刑事・増子すみれ役を演じています。

視覚探偵 日暮旅人の第1話を見ましたが、かなりS気の強い女刑事ですね。雰囲気としてシシド・カフカさんととても合っていたように感じますし演技も上手いですね!そして2017年6月からは朝ドラ「ひよっこ」であかね荘の住人・久坂早苗として出演をするなど活躍の幅を広げており、今後の活躍に期待大ですね!

眉毛が可愛い

シシド・カフカさんは前髪がパッツンなので普段は眉毛がどんな状態なのかわかりませんが、実はしっかりとした眉毛を持っているようです。

自身のInstagramなどでは髪の毛を上げた画像をアップしていることが多いのですが…

【いつかの誕生日】 いつの時代を切り取っても肉。 そして安定のビール。

シシド・カフカさん(@shishido_kavka)が投稿した写真 –

なかなかしっかりとした眉毛なんですよね。そして、髪の毛をあげると雰囲気がガラッと変わりますねー。個人的は髪の毛を上げてた方が可愛いんじゃないのかなと思います。ちなみに、朝ドラ「ひよっこ」では髪を上げているシーンもあるようですよ。

全然雰囲気が違う…。昭和半ばの頃のお話なのでシシドカフカさんの立派な眉毛がちょうど合っている感じですね。今回の役もなかなか気が強そうな感じだったので、当たり役なのではないでしょうか。

スポンサーリンク