大倉孝二は個性派俳優だけど性格も個性的?朱門みず穂と結婚をして子供もいる!

俳優の大倉孝二さんは個性的な役柄を演じている俳優さんとして知られており、最近ではドラマ「火の粉」で優香さんの旦那役に、映画「ロマンス」では大島優子さんと共演、「真昼の悪魔」では田中麗奈さんの恋人役として起用され、さらに大島優子さんと田中麗奈さんとはキスシーンまであるなど、個性的な役柄でありながら意外とおいしいシーンを多数演じているんですよね。

スポンサーリンク

ドラマ「カルテット」の6話からも大倉孝二さんが出演をするということで何かと注目されること間違いなしですが、大倉孝二さんの演技もなかなか個性的で見るものを惹きこまれる魅力があるように思います。

大倉孝二のプロフィール

大倉孝二

  • 本名:大倉孝二(おおくら こうじ)
  • 生年月日:1974年7月18日
  • 出身:東京都
  • 身長:187cm
  • 血液型:AB
  • 学歴:舞台芸術学院
  • 所属事務所:CUBE、劇団ナイロン100℃所属

役者になったきっかけ

大倉孝二さんは舞台芸術学院という大学を卒業をしているのですが、卒業後に芝居を作ってみたいと思い現在も所属している劇団ナイロン100℃に行き、たまたま開かれていた役者オーディションに受けるとそれに合格をして役者の道に飛び込むことになります。

舞台芸術学院にいたということは高校の時から役者というものには憧れを抱いていたのかもしれせんね。

そんな大倉孝二さんは1998年に放送された「踊る大捜査線 秋の犯罪撲滅スペシャル」でテレビドラマ初出演を果たすことになり、映画「弟切草」でスクリーンデビュー、そして2002年の映画「ピンポン」でアクマ役を演じたことでその名を世間に知らされるようになります。

あー、あのスキンヘッドのアクアって大倉孝二さんだったんですね。

ookurakouzi02

当時から個性的なキャラクターを演じてたんですね。てか、デビュー間もなくしてこれだけ個性的な役を演じることができるってなかなか凄い。その後、数々のドラマや映画に出演をしており最近では連続ドラマでもちょっとクセがある役柄に起用されることが多くなっていますね。

彼自身もTwitterで自分が演じているキャラクターに対してクソ呼ばわりしているので、自分自身が楽しんでいる雰囲気があり良いですよね。

個性的な性格

役で個性的なキャラクターを演じることが大倉孝二さんですが、彼の性格自体がかなり変わったところがあるみたいですね。

なんとなく見た目は細かいことを気にしそうな性格なのかなと思ってしまう風貌ですが、物事に対してとことん突き詰める性格の持ち主なんだそうで、暇な時間があると身近にあるものを細かく分解をしたりストローを歯でしごいて伸ばしたりすることがあるそうです。

細かいことが気になる…タイプなんでしょうね。

また、カレーが大好きでオリジナルレシピを考えたりしたりするそうですよ。Twitterでカレーを食べてメイクが落ちたと嘆いていました。

うまそうなカレーだけどオリジナルレシピのカレーなのだろうか。

スポンサーリンク

結婚していて子どももいる

大倉孝二さんは2006年に女優をしている朱門みず穂さんと結婚をされています。

ookurakouzi03

彼女とは舞台「贋作・桜の森の満開の下」と共演したことで出会い、5年の交際を経て2006年に結婚をしました。ということは大倉孝二さんが駆け出しの時に出会い、愛を育んでいったということでしょうか。

ちなみに、この舞台では古田新太さんや堤真一さん、野田秀樹さんも共演されていたそうで、大倉孝二さんが朱門みず穂さんと隠れて交際をしていて、ある日、タクシーの中で先輩らと乗っている時に交際が明らかになってしまい、大倉孝二さんはタクシーを止めてそのまま逃亡してしまったというエピソードもあるほど。

ここに堤真一さんもいたことに驚いてしまうのですが、みんな朱門みず穂さんを狙っていたようです(笑)。なんか愉快な役者仲間って感じでイイですよね。

そんな大倉孝二さんと朱門みず穂さんの間には一人の息子さんがいらっしゃいます。2010年の時に受けたインタビューで3歳の息子がいると発言をしていたことから現在は小学生高学年になっているでしょうかね。いずれは父親と母親と同じ、俳優の道に進むことになるのかな。

もし、そうなれば親子共演も期待できるかもしれませんね。まあ、まだまだ先の話になるとは思いますが。

スポンサーリンク