工藤阿須加の父親や兄妹が凄い!幅広い演技力でドラマや映画に引っ張りだこ!

俳優の工藤阿須加さんといえば甘いマスクが素敵なイケメン俳優さんですが、ドラマでの役は少し変わった役を演じることも多いですよね。そんな工藤阿須加さんがTBSの火曜ドラマ「カンナさーん」に出演をするということで、注目が集まりそうです。今回はどんな役柄となるのでしょうか。

スポンサーリンク

工藤阿須加のプロフィール

  • 本名:工藤阿須加(くどう あすか)
  • 生年月日:1991年8月1日
  • 出身: 埼玉県
  • 身長:180cm
  • 血液型:B型
  • 学歴:東京学館高等学校 → 東京農業大学卒業
  • 特技:テニス
  • 所属事務所:パパドゥ

父親は元プロ野球選手

工藤阿須加さんの父親は元プロ野球選手で2015年から福岡ソフトバンクホークスの監督をしている工藤公康さんというから驚きです。

工藤公康さんは47歳まで現役を貫いてきた選手で、現役時代で14度の優勝を経験をしているスゲー人。そのお子さんが工藤阿須加さんというからビックリしてしまいますよね。

5人兄弟の長男

そして工藤家は5人兄妹で、工藤阿須加さんは第1子の長男なんだそうです。妹はプロゴルファーの工藤遥加さん。

やっぱりスポーツ一家なんでしょうかね。他の兄弟の方何をしているのかは分かりませんが運動神経が高いのかもしれませんね。

ちなみに、お母さんは元ミス水戸の工藤雅子さん。元ミスってことはめちゃくちゃ美人だったってことですよね。そりゃイケメンの子が生まれてきますよね。幼少期時代の家族写真がありました。

あー、お母さん綺麗ですね。そして兄弟が多くて楽しそうな家族でいいですね。こんな中で育った工藤阿須加さんは絶対にいい人に決まってるよね(笑)

テニスを辞めて俳優に

工藤阿須加さんは2012年にドラマ「理想の息子」で俳優デビューをし、2013年のNHKの大河ドラマ「八重の桜」に主人公の弟役として出演をし注目を浴び、さらにフジテレビのドラマ「ショムニ2013」にも出演をしています。

と考えると、デビューから短期間で俳優として上手く軌道に乗せることができたと言えるのではないでしょうか。だって1年ちょっとで大河ドラマに出演することができるって凄くないですか。

学生時代から演技をしていたのかなとも思いましたが、そうでもないみたいですね。

というものも工藤阿須加さんは学生時代はテニス一筋で、役者の世界とは程遠い所にいたからです。関東大会優勝、大学時代も関東地区大学連合のラブルスで優勝をするなど、世界にも行ける実力があった。とも言われていたようですが、右肩を怪我をしてしまったことからテニスを諦めることに。

テニスがなくなった自分は何がしたいのか。

そう考えた工藤阿須加さんは俳優になりたい。そう思ったそうです。いきなり俳優になりたいと思ったわけではなく、小学生の時の学芸会をきっかけに役者にはずっと興味はあったみたいです。

そして、役者の世界に飛び込んでいき、2012年に俳優としてデビューすることになったのでした。

2014年のドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」では社会人野球部の投手・沖原和也役を演じ、父親と同じポジションの投手を演じています。オーディションで勝ち取った役なので偶然とはいえ、なかなかあることではありません。当然ながら親の七光りではないか、そう野次られることも多かったようで野球のイメージがどうしても付きまとってしまい、しばらくは野球関係の役を演じることが多かったですね。

ちなみにテニスはできますが野球経験は全くなかったそうです。プロ野球選手の息子なのにちょっと意外ですよね。まあ、野球の世界も厳しいでしょうし、それを息子に味わってほしくない、そう思っていたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

そして、数多くのドラマや映画に出演を果たしています。

代表的なドラマ

  • 理想の息子
  • 悪夢ちゃん
  • 大河ドラマ 八重の桜
  • ショムニ2013
  • ルーズヴェルト・ゲーム
  • アルジャーノンに花束を
  • 偽装の夫婦
  • 家売るオンナ
  • 就活家族
  • カンナさーん

代表的な映画

  • 悪の教典
  • 百瀬、こっちを向いて。
  • 1/11 じゅういちぶんのいち
  • 悪夢ちゃん The 夢ovie
  • 夏美のホタル
  • 恋妻家宮本
  • ちょっと今から仕事やめてくる

個人的に印象が強いのは、やはりドラマ「偽装の夫婦」の弟子丸保くんでしょうか。ゲイ役を演じていた沢村一樹の恋人役になるというトンデモない役を見事に演じていました。本当にゲイなんじゃないのかなって思った人も多かったんじゃないでしょうかね。

あと、「家売るオンナ」の庭野聖司役もいい味出していたと思います。どちらかというと、男らしい役より、少し中性的な男性を演じることが多いかもしれませんね。なので、最近は野球のイメージは完全に脱却できたと思いますが、ちょっと一癖ある弱そうなキャラクターを演じることが多くなってきたようにも思います。それでいて芯が強いキャラクターでもあるので、応援したくなるんですよね。

彼女は?意外と肉食系

彼女がいるかどうかは分かりません。

噂では早見あかりさん、広瀬アリスさんらの名前が浮上していますが、ただ単に共演をしていただけで根拠はないようです。そんな中で好きな女性のタイプについてインタビューで答えています。

一緒に思いっきり楽しく騒いだりするんだけど、ふとした時には1歩下がって立ててくれるような人。ただ僕が何かあったときには、首根っこをつかんで引き戻してほしい

そして、好きな女性ができたら…

好きになったら絶対に直接会って想いを伝えますね。携帯やメールなどでは絶対にありえません。直接、「好きです、付き合ってください」って言います。

と、かなり男らしい一面を持っているようですね。ドラマの役では弱々しい雰囲気のキャラを演じることも多いので、印象とは違いますが、実際は違うもんですね。まあ当たり前なのかもしれませんが。

2017年7月からスタートするドラマ「カンナさーん」では保育士の青木壮介役を演じます。爽やかであっけらかんとした好青年ですが、強気な保護者たちにすぐにビビってしまうキャラクターのようです。やっぱり、少し弱々しい雰囲気のキャラを演じてますね(笑)これも彼の魅力なのかもしれませんね。

スポンサーリンク