ドラマ「刑事ゆがみ」あらすじとキャスト相関図!浅野忠信×神木隆之介の異色コンビ!

2017年10月からスタートするフジテレビの木曜ドラマは「刑事ゆがみ」が主演に浅野忠信さん、そして神木隆之介さんタッグを組み、少し異色の刑事ドラマとしてスタートします!浅野忠信さんはTBSの「A life」に続いての連続ドラマ出演ということになりましが、ドラマに久しぶりに出演をしたことで心境の変化がかなりあったみたいですね。

スポンサーリンク

ドラマ「刑事ゆがみ」の基本情報

刑事ゆがみ

  • 制作:フジテレビ
  • 原作:井浦秀夫「刑事ゆがみ(ビッグコミックオリジナル)」
  • 脚本:倉光泰子(ラヴソング、突然ですが、明日結婚します)、大北はるか(好きな人がいること、テディ・ゴー!…)、藤井清美(映画 るろうに剣心、恋愛時代、ウツボカズラの夢)
  • プロデューサー:藤野良太(好きな人がいること、恋仲、水球ヤンキース)、高田雄貴(Chef~三ツ星の給食~、OUR HOUSE)
  • 演出:西谷弘(昼顔~平日午後3時の恋人たち~、ガリレオ)、加藤裕将(最高の離婚、問題のあるレストラン)、宮木正悟 (水球ヤンキース、失恋ショコラティエ)
  • 放送日:2017年10月 木曜 22:00〜

原作者の井浦秀夫さんは2003年に連載がスタートした「弁護士のくず」で第52回小学館漫画賞を受賞しドラマ化も果たした漫画家。ノンフィクション作品を手掛けることも多く、話題作は多い。

あらすじ

原作はビッグコミックオリジナルで連載されている井浦秀夫さんの漫画「刑事ゆがみ」です。

主人公の刑事・弓神適当(浅野忠信)は普段は適当な性格をしており、人と一緒に行動することを嫌っておりゆがんだ性格の変わり者。正義があまりに主観的で、真実がどこまでも曖昧な社会の中で弓神は、ただひたすらに事実を追い、真実へと辿り着こうとします。

相手が国会議員だろうが、地元の人全員に慕われる教師だろうが、はたまたコソ泥だろうが、前科10犯の凶悪犯だろうが関係なく同じ人間である以上、全員容疑者という考えの持ち主で、相方の刑事・羽生(神木隆之介)と共に現代社会が抱えている問題が絡んだ事件を解決していく…。

第1話は「電車での痴漢に端を発する事件」を弓神と羽生が解決していくことになります。

スポンサーリンク

キャスト(登場人物)

弓神適当(浅野忠信)

主人公・弓神適当(ゆがみ ゆきまさ)は普段は適当な性格でだらしなく、人と一緒に行動することを嫌い、ゆがんだ性格の変わり者。しかし、ひとたび事件の捜査になるとそのゆがんだ性格と鋭い観察眼を武器に、“事件性なし”とされた完全犯罪の裏側に隠された犯罪者たちのゆがんだ心を見抜き、巧みな話術でその化けの皮を剥がしていく。

浅野忠信さんは最近は映画を中心に活動をしていましたが2017年1月のドラマ「A LIFE〜愛しき人〜」に久しぶりに連続ドラマに出演をしたことによりドラマ撮影の面白さに改めて気付き、今回のドラマのオファーを快諾したらしいです。前回のドラマのクランクアップ時にはすでに次のドラマの撮影をしたいと、かなりの意気込みようのようで、期待が高まります。

羽生虎夫(神木隆之介)

正義感の強い新米刑事。優秀で規則を守る几帳面なタイプだが腹黒ムッツリな一面も持ち合わせる男。犯人をバンバン捕まえて点数を上げたいが、コンビを組んでいる弓神が違法捜査ばかりしていることから、邪魔な存在と思っている。

神木隆之介さんが刑事役を演じるのは初めてのことで、どんな刑事を演じることになるのか非常にたのしみです。

菅野理香(?)

刑事で適当な弓神に苦言を呈する。

相関図

更新中…

視聴率を挽回できるか注目の作品

フジテレビの木曜劇場枠のドラマは女性が主人公となっているドラマが多く放送されていますが、今回の「刑事ゆがみ」はその流れでいえば少し異色とも言える作品と言えます。

実は「刑事ゆがみ」は月9ドラマ枠で企画されていた作品なんだそうで、月9ドラマ「民衆の敵」が本来なら木曜劇場で放送される予定だったそうです。しかし、人気急上昇中の高橋一生さんがキャスティングされるということで月9に引越しをして「刑事ゆがみ」を木曜劇場に持ってきたそうですよ。

つまり、「刑事ゆがみ」は月9ドラマ並みに気合いの入った作品ということになります。実際に人気作品の「昼顔」や「ガリレオ」を演出を手掛けている西谷弘さんが演出を担当していたりと、随所にそういう部分を垣間見ることができますね。

まあ、月9ドラマでも刑事ドラマというのは珍しいテーマですが。どんな作品になるのか、非常に楽しみです!

スポンサーリンク