カシアス内藤の息子はボクサーになり娘は?アリスのチャンピオンのモデルに?

元プロボクサーのカシアス内藤さんは元・東洋ミドル級チャンピオン、元・世界ミドル級1位で現在はE&Jカシアス・ボクシングジムの会長をしている方ですが、咽頭がんで余命3ヶ月を受けたにも関わらず生きている間にボクシングジムを開設したいと奮起し余命宣告を受けてから14年経った今もボクシングジムで選手たちと一緒に頑張ってるって…凄いですね。

スポンサーリンク

そんな話を聞くとガンを受け入れ共存して生きていくことができる勇気をもらったという人も多いのではないでしょうか。そんな元プロボクサーのカシアス内藤さんについて調べてみました!

カシアス内藤のプロフィール

  • 名前:カシアス内藤
  • 本名:内藤純一(ロバート・ウィリアムス・ジュニア)
  • 生年月日:1949年5月10日
  • 出身:兵庫県神戸市

実は日本人のハーフ

カシアス内藤という名前はリングネームで本名は内藤純一という日本の名前も持っています。見た目、完全に黒人さんで日本的要素が全く入っていないようにも見えますが、父親が黒人のアメリカ人、母親が日本人のハーフです。

父親は朝鮮戦争に行って亡くなってしまったそうで、母親が女手一人で育て上げたということになります。

なお、カシアス内藤というリングネームはアメリカの伝説のボクサーであるモハメド・アリの改名前の名前「カシアス・クレイ」から名付けたそうです。

心優しい性格の持ち主

ボクシングとの出会いは高校生の時だったそうでボクシング部に所属することになり、なんとミドル級の高校生の大会でチャンピオンを取るという優秀な成績を残すことになります。基礎体力が他の日本人と比べても高そうですし、素質はかなりあったんじゃないのかなと思います。

カシアス内藤さんはサウスポー(左利き)の選手として知られていますが、ボクシングを始めた時は普通に右利きだったそうです。しかし、高校生の時に右手を負傷してサウスポースタイルで試合をすると結果がよかったため、そのまま引退までこのスタイルを貫いたんだとか。この負傷がいい方向に物事が動いたということでしょうかね。

その後、勝ちが続き東洋ミドル級チャンピオン、世界ミドル級1位という称号を手にすることになりますが、もともと心優しい性格の持ち主だったことから、これが負の方向に動いてしまい負け戦いが続くことになってしまい、1979年に現役を引退することになります。

一気にチャンピオン街道を駆け上がって、一気に落ちて行った感じでしょうか。実力は十分にあったけど、精神面が優しすぎたことから、その差で負けてしまうというなんとも厳しい世界ですね。じゃあ、他の人は優しくないのかと思ってしまいますが、それだけ頂上に居続ける難しさがあるということなのでしょうね。

アリスのチャンピオンはカシアス内藤のこと

アリスの名曲「チャンピオン」はカシアス内藤さんのことを歌ったものであることを「24時間テレビ28」で谷村新司さんが明らかにしており、カシアス内藤さんが引退してから4年後に再びリングに上がった時の姿に心を打たれて曲にしたものなんだとか。

それは知らなかったですね。カシアス内藤さんは当時からそのことを知っていたのか?それとも、谷村新司さんが明かしたことで知ったのか、ちょっと気になるところです。

スポンサーリンク

こう頭ガンで余命3ヶ月を宣告

カシアス内藤さんは引退後の2003年にこう頭ガンになってしまいます。しかも末期で余命3ヶ月。これを機に、生きている間にボクシングジムを開設したいと奮闘しノンフィクション作家の沢木耕太郎らの協力を得ながら2005年2月に横浜市中区で「E&Jカシアス・ボクシングジム」を開設することになります。

この時、既に余命3ヶ月と告知されてから数年経過していると思うのですが、生きているってのが人の生命力の凄さを感じることができますね。限られた時間だからこそ1日1日を大事に生きなければいけないと行動をし、それが生きる原動力になっていたのかもしれません。

ガンだからって必ず死んでしまうというのは間違いなのかもしれませんね。生きたいという気持ちがあれば。

息子たちもボクサーに

カシアス内藤さんには病死してしまった妻との間に二人の娘さん、その後再婚をした妻との間に二人の息子さんがいます。娘さん二人が何をしているのかは分かりませんが、子どもたちをしっかりと育てるためにボクサーを引退してからトラックの運転手をして生活をしていたこともあったんだとか。スポーツ選手は引退してから大変だと言いますが、彼もそうだったのかもしれませんね。

そして、再婚した妻との間に生まれたのが長男・内藤律樹(右)と次男の内藤未来(左)です。

クオーターということになりますが、だいぶ日本人らしい顔付きですね。長男の内藤律樹さんは2011年にプロデビューを果たしており、2014年に日本スーパーフェザー級の王者になっています。高校の時からその才能を発揮しており、高校3年生の時に各ボクシング大会で3冠に輝くなどの実績を持っています。

やっぱり親子なんだなって感じですね。そして次男の内藤未来さんは2016年11月にプロデビューを果たしており、これからの活躍に期待の選手になっています!

スポンサーリンク