葉山奨之のおかっぱキノコ姿がかわいい!真面目な性格で高校や彼女は?

俳優の葉山奨之さんはドラマ「フランケンシュタインの恋」の飯塚光毅役として出演をしていますが、2017年7月から放送がスタートするフジテレビの火曜ドラマ「僕たちがやりました」にも丸山友貴役として出演します!しかも前髪をパッツンにしてマッシュルームカットにして!これはキュンとくる女性も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

葉山奨之のプロフィール

葉山奨之

  • 名前:葉山奨之(はやま しょうの)
  • 生年月日:1995年12月19日
  • 出身:大阪府
  • 身長:177cm
  • 学歴:?
  • 趣味:バスケットボール
  • 所属事務所: トライストーン・エンタテイメント

意外と分からないことが多く本名やどこの高校に通っていたのかは不明となっています。おそらく、大阪の高校に通っていたのだと思うのですが。

俳優になったきっかけ

ここ最近、ドラマ出演が増えてきた印象のある葉山奨之ですが、2009年に公開された映画「クローズZERO」に出演をしていた小栗旬さんに憧れ、中学3年生の時に小栗旬さんが所属している事務所のオーディションに参加。見事、合格をして2011年に放送されたテレ東のドラマ「鈴木先生」にて俳優デビューを果たしました。

芸能人に憧れ所属している事務所のオーディションを受ける行動力が凄いですねよ。普通の人だったらここまでの行動力はないのではないでしょう。

小栗旬さんのことがとにかく好きで憧れの人なんだそうで、話すだけで息が止まりそうになってしまうんだそうです。それだけ意識していた役者さんなので、自分の演技にかなり影響を受けていることは間違いないようです。しかし、最近ではそれではダメだと思い、自分の演技をどうやったら演じることができるのか、試行錯誤しているようです。

代表作品

葉山奨之さんの代表作をまとめました。

ドラマ

  • 僕たちがやりました(2017年)
  • フランケンシュタインの恋(2017年)
  • 釣りバカ日誌〜新入社員 浜崎伝助〜シーズン2(2017年)
  • 突然ですが明日結婚します(2016年)
  • 逃げるは恥だが役に立つ(2016年)
  • 死幣-DEATH CASH-(2016年)
  • 釣りバカ日誌〜新入社員 浜崎伝助〜(2015年)
  • 連続テレビ小説 まれ(2015年)
  • Nのために(2014年)
  • なぞの転校生(2014年)
  • 大河ドラマ「八重の桜」(2013年)
  • GTOスペシャル(2012年)

映画

  • 春夏秋冬物語(2017年)主演
  • 青空エール(2016年)
  • 夏ノ日、君ノ声(2015年)
  • リアル鬼ごっこ3 (2015年)

最近ではドラマや映画に数多く出演をしていますが、2015年のNHKの朝ドラ「まれ」で大泉洋さんが演じる津村一家の息子役として出演をしたことで注目を浴びることになります。本当の息子なんじゃないかと思ってしまうくらい二人は似ていたように思いますが、髪の毛をもじゃもじゃにして似せる工夫をしていたみたいですね。

今はドラマ「フランケンシュタインの恋」の役作りで金髪野郎になっていますが、なんとも美しい顔をしているのでしょうかね。そして、2017年7月から放送がスタートする「僕たちがやりました」ではキノコカットのマルを演じるということで、葉山奨之さんは大変身を遂げてしまいました。

オン眉マッシュ姿と呼ぶそうです。

スゲー似合ってるんですけど。もともと顔が可愛い系なのでなおさら可愛らしくなってしまいましたね。

スポンサーリンク

葉山奨之の性格は真面目で天然

葉山奨之さんは何となく性格の良さが顔に滲み出ていますよね。

映画の舞台挨拶なんかは前日などに予習をしてから臨んだり、かなり慎重で真面目な性格のようで、人前で話をするのもそんなに得意ではないっぽいです。

また、天然な性格も垣間見得ており、朝ドラ「まれ」のオーディションに帰り道に天井の低いところをピョンピョン飛んで帰って頭をブツけたという謎のエピソードがあったり、まれのオーディションに合格したと聞いてもドッキリだと思っていたそうで、一瞬カメラを探してしまったとか。

演技力は?俳優を辞めようとしていた?

まさに弟キャラってやつでしょうかね。朝ドラ「まれ」で共演をした土屋太鳳さんは本当の弟のように葉山奨之さんのことを可愛がっているようですね。二人は映画「青空エール」で同級生役で共演をしてますが「青空エール」の撮影が終わったら葉山奨之さんは俳優を辞めようと思っていたんだそうです。

それは自分がものすごく緊張してしまったり、演技が下手くそすぎて自分自身で納得することができなかった。そういう思いから俳優を辞めようと考えていたのです。それを聞いた土屋太鳳さんは「絶対に辞めないで。太鳳はショウノ君のお芝居が好きだし、本当の気持ちでお芝居してる感じは誰にも真似ができない。だから続けてほしい。」と言われたんだとか。

この言葉が葉山奨之さんに響き、考えが変わり、今も俳優としてやっていけているんだそうですよ。

なんて真面目なんでしょうかね。確かに朝ドラ「まれ」らへんの葉山奨之さんはちょっと棒読みっぽい雰囲気がありましたが、最近は数多くのドラマに出演をしていることもあり、かなり熟れてきたようにも感じますよね。

特に「フランケンシュタインの恋」の6話では葉山奨之さんが演じる飯塚光毅が母親と対立し、母親の男に歯向かっていったシーンはなかなか見応えがありましたよね。今までの役って冷静な男を演じることが多かったので、個人的にはかなり良かったのかなと思います。

彼女は?

彼女はいるかもしれませんが、いないかもしれません。

黒島結菜さんとの熱愛噂もありますが、これはNTTドコモや進研ゼミのCMで複数回共演したことから熱愛関係なのではないかと勝手な噂が流れただけのもののようです。

こんな中良さげな画像があると交際してるんじゃないかと思ってしまうのも無理ないかもしれませんね。でも、二人は交際してい訳ではないみたいなのでご安心を。

ちなみに葉山奨之さんは好きな女性のタイプを聞かれて、今は見た目重視なんだそうです(笑)潔くて清々しいですね、自分が思っていることに対してきちんと責任を持っているのでしょう。そして、好きな女性のタイプは顔立ちが綺麗でキリッとした人で自分よりしっかりしていて年上が理想なんだそうですよ。

まとめ

これからますます活躍が期待される葉山奨之さん。

ドラマ「僕たちがやりました」では主人公の友人役ですが、ストーリー上かなり重要な役柄を演じることになります。そろそろ深夜ドラマやプライムドラマでの主演にも期待したいところですよね。今後の活躍に期待です!

スポンサーリンク