母になる キャストと1話のあらすじ(ネタバレ)や視聴率!沢尻エリカの演技が凄い!

母になる

ドラマ 母になる 沢尻エリカの熱演がすごい!

2017年4月12日に放送が開始した沢尻エリカさん主演のドラマ「母になる」ですが、初回からとにかく泣けるドラマでしたね。第1話からこんなに泣かせてくれるなんて、第2話以降はどうなるのだろうかと思ってしまいます。

スポンサーリンク

日テレの水曜ドラマは明るいコメディドラマが続いていたことから、ドラマ「母になる」は久しぶりに違う路線のドラマといってもいいかもしれませんね!

登場人物と相関図

柏崎結衣(沢尻エリカ):北海道出身。早くにして母親を亡くし父親に育てられるものの父親も事故で亡くしてしまう過去を持つ。陽一と結婚をして一人息子の広を出産。幸せな家庭を築いていたところ、広が誘拐され…。

柏崎陽一(藤木直人):結衣の夫で西原教授のもとで人工知能の研究をしている准教授。息子の広が行方不明になり、その原因が自分にあったことを知り、結衣とは離婚をして引きこもっている。

柏崎広(道枝駿佑):結衣と陽一の息子。3歳の時に誘拐される。10年後に湯庵の元に現れるものの育ての母親である門倉麻子との間で心揺れる。

柏崎里恵(風吹ジュン):陽一の母親で夫に先立たれて一人で柏崎オートを経営している。広を失ったことで精神的ショックを受けている。

門倉麻子(小池栄子):誘拐された広を住んでいたアパートの隣の部屋で発見し7年もの間、母親として一緒に暮らしていた。広を児童養護施設に預けた後も広への思うを断ち切ることができない。

木野愁平(中島裕翔):児童相談所の児童福祉司。広と結衣が親子であることを突き止めて再開させる。

西原莉沙子(板谷由夏):陽一がいた大学の西原教授の妻で広と同じ年の娘・繭の母親。

西原太治(浅野和之):東欧大学の教授。広が誘拐された後も親身になって陽一たちを気遣い面倒をみている。

西原繭(藤沢遥):莉沙子と太治の娘で広と同じ幼稚園に通っていた。

緒野琴音(高橋メアリージュン):柏崎オートの事務員。広が行方不明になってから陽一と一緒に暮らすようになる。

スポンサーリンク

ドラマ 母になる 1話あらすじ(ネタバレ)

2001年春。結衣(沢尻エリカ)は両親を亡くしてから一人で上京して書店に勤務。そこに柏崎陽一(藤木直人)が専門書である「シンギュラリティにおける次世代の家族の在り方について君はどう思いますか?」を注文しに現れます。一目惚れをしてしまった結衣は名前と連絡先を聞くことを忘れてしまいます。

注文していた本は届くものの連絡をすることができず半年が経ちます。そんな中でバスに乗っている陽一の姿を発見し再会を果たします。注文していた本を渡すものの、名前を聞くことができませんでした。しかし、その半年後に再び再会することになり、やっと名前と連絡先を聞くことに成功、二人は少しづつ距離を縮め交際に。

そんなある日、結衣は妊娠12週目であることが判明。それを聞いた陽一は赤ちゃんグッズを大量に買って帰宅してきます。陽一の母親・柏崎里恵(風吹ジュン)にも子供ができたことや結婚をすることを報告、独り身だった母親は大喜びをするのでした。

陽一はお世話になっている大学の教授である西原太治(浅野和之)に結婚をすることを報告。すると西原教授も西原莉沙子(板谷由夏)とできちゃった結婚をすることを報告を受けることに。

2008年春。世間では幼児が誘拐されるという事件が話題に。そんな中、結衣は同窓会に出るために北海道に出かけます。陽一は3歳の息子・広を大学に連れて面倒をみています。しかし、目を離した瞬間に広の姿が見えなくなります。慌てた陽一は構内を探します。すると飛行機に釣られて屋上に登っている広の姿を発見するのでした。

北海道から帰宅した結衣。息子の広のために飛行機のおもちゃをお土産に買ってきます。広は母親がいなかった一日、寂しかったようで「ママ、同窓会に行ったでしょ。僕、ママに会えなくて、寂しくて、ぎゅーっとなって、僕、ママのこと愛しいんだよ。」と言われて「ママも会えなくてぎゅーっとなったよ。」と笑顔になります。

翌日、いつものように広を迎えに幼稚園に行く結衣。ママ友の莉沙子と話している隙に広の姿が見えなくなってしまいます。道には飛行機のおもちゃの一部が落ちています。嫌な予感がした結衣は陽一に連絡をし町中を走って広のことを探します。

しかし、広の姿はどこにもありません。

その後、幼児誘拐事件の犯人が捕まるものの広が行方不明になった件とは無関係であることが明らかに。河川敷から広の来ていた黄色いパーカーと靴が発見されるものの、未だに広の姿は見つかりません。結衣は号泣し崩れ落ちます。

そんな中、陽一に教え子・渡良井から「レポート見てくれました?先生がいけないんですよ。僕の機嫌を損ねたの。先生の息子さんを誘拐したのは僕です。」と電話が掛かってきます。

「広は..広はどこに?!」
「手に入れたもんには興味ないんです。ヤバイっすよね、僕はもう。」

そう言い渡良井はビルの屋上から飛び降りてしまうのでした。完全に広の居場所の手がかりを失ってしまうことに…。

OLの門倉麻子(小池栄子)がコンビニ弁当とビールを買って帰宅。すると隣の部屋から子供の泣き声がするのに気付きます。ドアを開けるとそこには子供が泣いている姿が…。

「ママ….。」

2017年春。結衣は陽一とは離婚をして一人暮らしをして生活をしています。部屋には広が3歳の時に書いた家族の絵が飾られています。そんなある日、児童養護施設の木野から電話が掛かってきます。

結衣はすぐに児童養護施設に。すると、そこには少年がいました。

「今、一生懸命に考えて何を言おうかなって。今会ったら何を言おうかなって。今、なんかギュッというかギューとなるといか。」

結衣は3歳の時に言った広の言葉を思い出し「広…!?」と。

「お母さん?」
「会いたかった…」

二人は抱き合います。が、広は複雑な表情浮かべているのでした。

ドラマ 母になる 1話 感想

本当に泣きました。すごい感動しました。もし自分の子供が誘拐されて帰ってこないってことを想像しただけでもヤバいのに、沢尻エリカさんが凄まじい演技をしてくれるもんだから…。本当に沢尻エリカさんって演技が上手いですね。

3歳まで結衣に育てられた広ですが、誘拐されてから7年間、門倉麻子(小池栄子)に育てられることになります。つまり10歳の時に児童養護施設に入ることになります。3歳だと産みの親のことは覚えていないかー。ですよね。というか、門倉麻子はどうしてすぐに警察に通報しなかったのだろうか。これは結構罪深いことだと思うんだけど。

ドラマ 母になる 視聴率

初回視聴率は10.6%でした。もう少し高くても良かったんじゃないのかなと思いますが、若干暗めな雰囲気があったのが影響したでしょうかね。でも、第1話はかなり面白かったので、これからの伸びに期待です!

スポンサーリンク