ちすんが可愛くて魅力的!在日韓国人で結婚や家族についても!

 

女優のちすんさんは朝ドラ「マッサン」でエリーの相談役である桃子役で登場したことで知った方も多いかもしれません。

スポンサーリンク

最近ではフジテレビの「スカッとジャパン」に出演をしたり、バカリズムさんが脚本が手掛けたドラマ「黒い十人の女」で8番目の愛人・沙英役として登場するなどしていますが、なかなか可愛い感じでこんな子が不倫をしているのか….と思ってしまいます。(ドラマ内でですよ)

ちすんのプロフィール

ちすん

  • 名前:ちすん
  • 本名:金 智順(キム・ヂスン)
  • 生年月日:1982年11月3日
  • 国籍:韓国
  • 身長:169cm
  • 特技:服飾デザイン、クラシックバレエ、韓国舞踊(高校日本一)
  • 所属事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

名前を見ただけで日本人ではなく韓国系なんだろうなと分かってしまいますが、ちすんさんの国籍は韓国で在日3世です。本名は金 智順(キム・ヂスン)で実は2005年頃までは本名で活動をしていたんですよね。

当時は韓流ブームってこともある名前が追い風になったこともあったかもしれませんが、今はどちらかというと風当たりが強い時代ですからね。それでも、日本での女優業を頑張っているのは凄いと思います。

生まれは日本の大阪で幼稚園の頃から朝鮮学校に通っており、高校の時に大阪朝鮮高級学校に在学していた時にクラシックバレエ公演に出演をしたことをきっかけに、吉本興業にスカウトされて劇団「よしもとザ・ブロードキャストショウ」に入って芸能の世界に飛び込んだことになります。

吉本興業所属だったことに少し驚きですね。新喜劇ではなく真面目な劇団もやってたんですね(笑)

ちすんさんは芸能活動開始直後は本名で活動をしていましたが2005年の映画「パッチギ!」から「ちすん」に名前を変えて活動をしています。まあ、漢字名で書かれてもなんて呼んでいいのか分からないですからね、改名は良かったと思います。

スポンサーリンク

3姉妹の末っ子

ちすんさんは3姉妹の末っ子なんだそうで、お姉さんの一人である金明順(キム・ミョンスン)は大阪のラジオ番組で「みょん」という名前でパーソナリティをしているそうで、同じ芸能の世界で頑張っているようです。

もう一人のお姉さんは普通に一般人として生活をしているのでしょうかね?

ちなみに、お母さんはちすんさんが高校2年生の時に亡くなってしまったそうで、その理由が船の沈没事故なんだとか…。韓国でのセウォル号事故を思い出してしまいますが、ちすんさんが高校生の時だから15年以上も前のことになりますね。

多感な時に母親を亡くしてしまうって、悲しすぎますね。そんな中でスカウトされたことによって、何かに打ち込むことができたことは良かったことだったのかもしれませんね。

また、この出来事が姉妹の中をより強固なものにしたのかもしれません。実際に、ちすんさんのご姉妹との仲は非常によく、彼女のブログに度々登場してきているようですよ。

彼氏や結婚は?

ちすんさんは結婚はしていないようです。そして彼氏がいるという情報もありませんが、これだけ美しい女性なので彼氏が一人や二人いても不思議ではないとは思いますが、どうなんでしょうかね。

ドラマ「黒い十人の女」では、船越英一郎さんが演じる風松吉の8番目の愛人として大人の魅力全開で出演をしています。プライベートでもモテているんだろうなーって思ってしまいます。

ちなみに、ちすんさんのブログに子供がよく登場するのですが、おそらくお姉さんの子どもさんなんだと思います。

スポンサーリンク