青野楓は空手黒帯でハイキックが凄い!本名や弟についても!

女優の青野楓さんが2018年4月スタートのドラマ「シグナル」に出演を果たしますが、初めて聞く名前だったので色々と調べてみると空手が得意だったり、アクション女優としても活躍をしているなど、なかなか個性的な女優さんのようです。

ということで、青野楓さんについて色々と調べてみました!

青野楓のプロフィール

青野楓

  • 名前:青野楓(あおの かえで)
  • 生年月日:1992年11月21日
  • 出身:兵庫県
  • 身長:169cm
  • 血液型:O型
  • 特技:利き海苔
  • 事務所:トライストーン・エンタテイメント

小学2年生で空手を始めて黒帯に

青野楓さんは小学2年生の時に空手道場に入門をして空手を初めて12歳の時に黒帯を取得するほどの腕前の持ち主です。

12歳で黒帯ってガチで強いやつですよね。ちなみに、4歳年下に弟さんがいるのですが、彼は4歳の頃から空手をやっていて全日本空手道選手権大会や総極真世界空手道選手権大会で優勝をするなどかなりの実力の持ち主のようです。

どうやらお父様が空手をやっているそうで師範として活躍されているそうですね。

青野楓さんの得意技はハイキックということで、足が180度開脚しそうになるくらいのキックをすることができます。

凄くないですか?

普通に開脚するだけでも大変なのに(というかできない)キックで頭のさらに上まで行く事ができるのですから。とにかく、体が柔軟なんでしょうね。空手と体の柔らかさは関係あるのか、よく分かりませんが、運動神経が良いということだけはわかります。

kaede626さん(@kaede626)がシェアした投稿

引き締まった体をしてますね。

ちなみに、マラソンなんかもするみたいで先日はブログで京都マラソンに出場してフルマラソンを完走し切ったそうですよ。

本名は?

本名は「小野寺」という苗字なんだとか。これは弟さんが空手の大会で優勝したときの名前で明らかになったようです。

楓という名前は本名である可能性が高いようで、本名は「小野寺楓」なのかもしれませんね。

青野楓のデビューと代表作品

青野楓さんは2012年の20歳の時にめざましテレビのイマドキガール(火曜日レビュラー)としてデビュー、雑誌「with」のモデルとしても起用され、芸能活動をスタートすることになります。

プロアクティブのCMにも出演をしていたので、見たことあると思った方も多いかもしれませんね。

そして中国の人気女性誌「瑞麗(Rayli)」の表紙を飾るカバーガールコンテストの日本代表にも選ばれるなどしています。

女優としては2014年6月に公開された映画「ハイキック・エンジェルス」でデビューを果たしています。

アクション映画ということで撮影のために稽古をしていたようですが、その光景がガチすぎてちょっとヤバいですよ…。

空手の黒帯所持者だから普通の女の子ではないのかもしれませんが、壮絶すぎますね。ここまでしてようやく映画に出演ができるのですから、とても苦労人と言ってもいいかもしれません。

そして、2016年の映画「阿修羅少女〜BLOOD-C異聞〜」では主演デビューを果たすことになります。アニメの実写化になるのですが、この作品も激しいアクションシーンが多いものとなっており、青野楓さんだからこそ、作る事ができた映画といってもいいでしょう。

この映画のキャストを見ると古田新太さんや水野真紀さんといった大御所も出演をしているんですね。その中の主演ですから、彼女にしか演じる事ができない役柄だったのは間違いないのではないでしょうか。

ドラマ「シグナル」で青野楓は女医役に

さて、アクション女優としても活躍をしている青野楓さんですが、ドラマ「シグナル」では医学部法医学教室の助手をしている安西理香役を演じることになります。

今回はアクションとは無縁の役柄のようですね。ちなみに、少し前に同枠で放送されていたドラマ「CRISIS」ではテロ集団の中の一人を演じていたのですが、一人だけ以上に強かったんですよね。

でも、今回の「シグナル」ではこのようなアクションは無しで、医学部法医学教室の助手という役柄を演じるということで、今までと違う女性らしい一面を見せてくれるのではないでしょうか。

このレギュラーをきっかけに、今度様々なドラマに出演して行く可能性もかなり高いのではないでしょうかね。今後の活躍に期待ですね!