真田丸 4話「挑戦」織田信長の貫禄とオーラが凄かったが本能寺の変であっけなく終了!

 

真田丸 4話 「挑戦」 のストーリー(ネタバレ)

織田信長に会いに行く昌幸と信繁

真田昌幸(草刈正雄)は信繁(堺雅人)を引き連れて織田信長(吉田鋼太郎)に対面するために諏訪の法華寺にやってきます。

昌幸は徳川家康(内野聖陽)の姿も見つけ、かつて三方ヶ原の戦で戦ったことを思い出します。当時、昌幸は武田信玄に武藤喜兵衛と名付けられ、かなりやり手の武将でした。

昌幸は家康を見て「あの時、逃げ出していく家康の顔は今でもしっかり目に焼き付いている」と豪語しています。

室賀正武(西村雅彦)の姿もあります。室賀は昌幸が上杉に出した密書を奪って織田に流しましたが、そのことにより織田に取り入ることに成功したのでした。

あの密書が昌幸の策略だったことも知らずに「命が欲しければ、あの密書のことについて詫びることだ」と昌幸に忠告をして去っていきます。昌幸は室賀という男の器が驚くほど小さいことに呆れ返っています。

徳川家康と真田昌幸

一方、家康は真田という男がここにやってきたを側近の本多正信(近藤正臣)から聞かされます。家康は真田という名前に聞き覚えがないようですが「武藤喜兵衛」という名前を聞いて険しい顔を浮かべます。

真田昌幸と信繁は控え室で信長との対面を待っていますが呼ばれる気配がありません。話によると待って会えない日もあるんだとか。生きるか死ぬかという状況下で昌幸はアクビをしています。

信繁もしびれをきかせて周辺を偵察し始めます。そして整然と並ぶ弓を見て「さすが天下の織田、見事ですね!」と大絶賛。しかし、この弓は織田のものではなく徳川のものでした。

そこに、家康が現れます。信繁はこの男が家康であることには気づいていません。

信繁はこの几帳面さを絶賛しますが「ですが真田も負けてはいません。弓置きに車輪を付けて運搬を効率よくしているのです。このアイディアを考えたのは私なのです!」家康に対抗をします。

鼻高くなっている信繁ですが昌幸が現れてこの人物が徳川家康であることを知り「失礼しました、もっと身分の低いお方かと。」とさらに追い討ちをかけます。家康は「よく、そう思われるのだ」と自分のことをしっかり分析しているようです。

家康は昌幸に「三方ヶ原の戦で武藤喜兵衛という名の武将にひどく手を焼いたものだ、あの男なら今では城も持っているはずなのだが」と切り出し「その男を知らぬか」と聞きます。

武藤喜兵衛は昌幸本人ですが、昌幸は「武田の内情は詳しくはない」とし知らないとシラを切ります。

織田信忠との対面

信長に会う前に信長の嫡男である信忠と対面をする昌幸と信繁。2通の書について問われることになります。

一通は織田に臣従を受け入れてもらうための内容。
もう一通は、上杉に助けを求める内容。

信忠は織田に付いていくといいながら上杉に助けを求めるのはおかしいのではないかと。昌幸は上杉に書いた書は助けを求めたわけではなく上杉からの臣従を求められた返事だとします。

書には「ありがたい話だがすぐには決められぬので時間をいただきたい」と書かれています。昌幸はこれは方便だといいます。織田に付いていくことを知られれば真田郷を襲われるかもしれない、そのための布石だと答えます。

しかし、信忠は納得しておらず「上杉を欺こうとしていたのか」と昌幸を責めます。

昌幸は「4国に囲まれた我らのような弱き国衆は慎重にならねばならんのです。」とし「大事な書状がなぜ、ここにあるのか。真田家にとっては一大事、信長公には上杉から守ってもらわねば困ります」と信忠を圧倒します。

家康はこの手紙自体が偽りだったのではないかと昌幸に問い詰め上杉の家臣・直江兼次が来ているから真相を確かめようと切り出します。

昌幸は「確かめたければ確かめればいい」と強気な発言。家康は「シラを切った上で偽りであると分かれば許されませぬ」と警告をしますが昌幸は「偽りであればここで腹を切りましょう」と。そして、家康は早とちりであるとしこの書は本物だと信忠にいいます。

家康はさすが勇名を馳せた武藤喜兵衛だと昌幸のことを賞賛するのでした。

松と堀田作兵衛

真田家では松(木村佳乃)と梅(黒木華)がコソコソと外に出て行きます。不審に思った信幸(大泉洋)は松を追いかけます。松は旦那の堀田作兵衛を匿っている空き寺に訪れていたのです。

信幸は無理やり部屋の中に入りますが堀田作兵衛は裏に隠れていません。

そこにきり(長澤まさみ)が現れて、ここは男子禁制の場所、女同士にたまに集まって話をしているのだという。きりが「かかとがカサカサになってしまって」と話し出し、松は「それは潤いが足りないのよ」と言い、梅は「寂しさが募ると荒れるって言います」と女子会のようになっていきます。

信幸はその場を去りますが、堀田作兵衛がいることは確信していました。作兵衛に「父上が戻るまでに茂誠殿の行先を決めておけ」と言い放ちその場を離れるのでした。

信長と対面

昌幸と信繁の前に織田信長が現れます。革靴に洋装チックな服装を纏って明らかに他の武将とは違うオーラを醸し出しています。

圧倒的なオーラに昌幸と信繁は圧倒されます。

信長は昌幸の前に立ち顔を見て「良き面構えじゃ」と一言言い放ちその場を去って行きました。

真田家が織田家に認められ、重臣の滝川一益に従うことに。そして上野の沼田城と岩櫃城を引き渡し、さらに人質も差し出すことになります。昌幸は帰郷しそのことを伝えます。

そして、安土城への人質として祖母のとり(草笛光子)を差し出すことを考えていましたが信繁は反対、松を人質に出すように仕向けます。信繁は堀田作兵衛とともに松を安土城に送り出そうと考えていたのです。

信幸はこの策略に気づいていましたが偵察をすることも大事であるとし松を送り出すことに賛成をしたのでした。

後日、信繁が松を引き連れて安土城に。圧倒的に大きな安土城を前に固まってしまいます。そして街中も自由に商売ができたり異国人が入り混じっていたりと織田信長という男に対して面白い男だと賞賛。

その夜、信繁は悪夢を見ます。信長が追い詰められてしまう夢を。その夜、信長は死んでしまいます。

本能寺の変が起きたのです。

—4話終わり—

4話の感想と考察

織田信長の貫禄が凄い

織田信長に対面することになった昌幸と信繁ですが、とにかく信長の貫禄が凄かったですね。最初、吉田鋼太郎さんが演じることに違和感を感じていたのですが、とにかく目だけで威圧することができるキャラってことまさに適役だったのかもしれません。

織田信長って普通に革靴を履いて行動をしていたのは初めて知りました。服装もめっちゃオシャレだし織田信長というイメージが変わりました。

一気に本能寺の変で時代が変わった

ただ、今回の4話の最後の最後に一気に話が進んで本能寺の変が起きて信長が死んでしまうというところまで急展開。これだけ、いいキャラクターだった織田信長があっさりと死んでしまうとは何とも勿体無い話です。

まだ始まって4話だというのに。

というか、本能寺の変という大事件なのに4話の最後のワンシーンで終わってしまうとはさすが三谷幸喜監督。ちょっと速すぎたのではないかとも思いましたが、まあ今回の大河ドラマはあくまで「真田丸」ですから、織田信長は通過点にしか過ぎませんからね。これで良かったのかもしれません。

真田家では次回の5話では一気に苦境に立つことになるんでしょうね。

昌幸の芯の強さには驚かされる

やはり、真田家が織田家に認められたのは昌幸の芯の強さがあったからこそなんでしょうね。上杉から従属せよなんていう嘘八百の話を本当にあったかのように仕向けて徳川家康にもそのことを突っ込まれながらも、固くに嘘では無いと突っぱねる肝が本当にすごいですね。

隣で見ていた息子の信繁も驚いたことでしょうね。

まあ、信繁も家康のことを身分の低い方だと思っていたと本人に言ってしまうくらいですから、同じくらい肝が据わった性格であることは間違いないんでしょうけど。

兄弟とはいえ信繁と信幸ではかなり違う性格ですよね。本当に真逆というか、信幸は大泉洋さんが演じているにも関わらず、超真面目なキャラクターだし。

第5話では織田を失った真田家は苦境に立たされることになるんでしょうが、どのようにして切り抜けていくことになるか楽しみです。

3話5話