怪盗山猫3話 山猫一味の裏ボスが関本って感じ(感想とネタバレ)

 

ドラマ 怪盗山猫 3話 の感想

山猫というキャラ

今期のドラマの中でも高視聴率を維持している「怪盗山猫」ですが、さすがに少しずつ視聴率も低下してきているようですね。亀梨和也さんが演じる山猫というキャラクターは強烈で面白いんですけど、若干飽きやすいような気もしないでも?

軽いキャラを演じつつ、大事なシーンでは、名言をいうのがパターン化しています。

ちょっと飽きてきた?

んで、最初は猫の仮面を必ず着用していたのにまだ3話だというのに、堂々と顔出しOKで行動していたり。なんで、今まで正体不明のままでいることができたのか不思議なくらいです。

裏ボスが佐々木蔵之介って感じ?

3話では冒頭から山猫(亀梨和也)と関本(佐々木蔵之介)が言い争うシーンから始まったわけですが、山猫よりも関本の方が力を持っている感じしますよね。まあ、警察に所属しつつ山猫の正体が分からないに裏でバレないように撹拌させてるっていうからかなりのやり手であることは間違いないでしょう。

また、東京都知事に立候補している藤堂(北村有起哉)とも繋がってるし、そこからこのドラマの最大の謎の人物・ユウキテンメイとも繋がってるし、本当に関本という男は何者なんだろうって感じ。

それにしても山猫と関本のマジの言い争うのが面白かった。戯れていると言った方がいいのかもしれません。

アニキと言ったら金本だろという話から山猫は阪神ファンなのかと思いきや巨人ファンなんだとか。確か亀梨和也さん自体はロッテと巨人ファンだったらしいですが、スポーツ番組のGoingで色んな球団に行ってると甲乙つけれなくなっているとかいないとか?

謎の女・赤松杏里(中村静香)

山猫が前回の事件の時にホテルで出会った女が何者なのかが明らかになりました。

バイクでも出会っていましたね。山猫のアジトであるバーに滝川(浅利陽介)がやってきて彼女の赤松杏里(中村静香)が行方不明になっていることで依頼にやってきたのです。

というか、山猫が「怪盗山猫」ではなく「怪盗探偵山猫」と何回もしつこく訂正をしていましたが、本当に探偵だったんだ…。しかも関本の名刺に「野良猫探偵事務所」って書いてあるし。

センスねー!

1週間前から行方不明になっているんだとか。

んで、勝村(成宮寛貴)がいろいろと調べると赤松杏里は戸籍がないことが明らかになったのです。そして、もう一人、門松達郎(加藤諒)が彼女のことを追っていることが明らかになり、彼が知っている名前はセシリア。彼は秘密クラブの会員で好きになって追ってきたようです。

同一人物なのに2つの名前を持っている。そして、彼女が身につけているネックレスが「サーペエント」というアジアマフィアの証でもあるものだったのです。

さくらは勝村のことが好き

そして、勝村がさくら(菜々緒)に頼んでセシリアについて調べてもらいに家に行くのですが、さくらって完全に勝村のことが好きなんですね。

勝村の携帯電話に女の人から連絡入って、それを聞いていたさくらがめちゃくちゃ嫉妬していました。この時の菜々緒さんが可愛かった。

結構、妄想女みたいで勝手に想像してその場を去ってしまいました。

マネーロンダリングを暴くことが目的

杏里は滝川の会社で仮想通貨を使った違法なマネーロンダリングが行なわれていることを暴くことが目的で、だから滝川に近づいた。

聞いたことない名前のマネーロンダリングってやつですが、これは違法で儲けた汚れたお金の出所を分からなくするための手法で日本は仮想通貨の法律が整備されていないことから、簡単にごまかすことができる、それが目的だったようです。

なんか、急にストーリーが難しくなった感じです。まあ、マネーロンダリングを知らなくても何となく話を理解することはできますけど。

瀧本は杏里を拘束し胸元に隠してあったUSBメモリを奪い取り、10億円のお金を海外に送金しようとしています。

やっぱり勝村はこーいう役回り

と、そこに猫のお面をかぶった勝村が杏里が拘束されたアジトに潜入することに。

でもね、いつも爪が甘く催眠ガスを部屋に充満させるんですけど、換気扇が動いたままで見事にガスが換気されていき効果を発揮することができず勝村は取り囲まれてしまいます。

今回ミスったのは真央(広瀬すず)だったんですけど、勝村は毎回、こんな役回りですね〜。まあ、こーいうキャラ、嫌いじゃないです。

結末は

最後は関本が滝川が捕まえて上手く取り押え、その隙に山猫は滝川が海外に移送しようとしていた10億円を奪うことに成功。

ピンチだった勝村はさくらがやってきて助けられることに。

山猫が現れるところに勝村がいることからさくらは何か関係があるのではないかと疑っていますが、その女の勘は当たってますよ…。何やら第4話でそのことを知ってしまいそうな感じになっていましたが、完全に警察がらみの山猫一味になってしまいそうな勢いですね。

最後にセシリア(杏里の本名)にプレゼントを渡そうとしていた門松が銃弾に撃たれてしまいました。彼女をかばったことになるんですが、お店で出会っただけなのにここまでできるってすごい。

セシリアを狙ったのは誰だったのでしょうかね。犯人は出てこなかったので、まだまだ裏がいっぱいあるのかなー。

伏線がなかなか回収されず謎が多いドラマ

最後にさくらの上司として新キャラの犬井(池内博之)という人物が登場してきましたが、この人物は山猫をガチで追っているらしく、関本とは対立するキャラとして投入されるってことになるんでしょうか。山猫と関係があるって知ったら大騒ぎになるでしょうね。

また、池内博之さんというなかなか濃い役者さんが演じるということで、キャラとしてもなかなか強そうな感じです。

まだ第3話ということもあり、謎がかなり多い「怪盗山猫」ですが、1話で死んでしまった細田(塚地武雅)をやった犯人もまだ分かっていませんし、ユウキテンメイが何者なのかも謎。とりあえず、見た感じは安っぽいダースベイダーって感じでしたけど。

それにしても、菜々緒さんがサイレーンではめちゃくちゃ強いキャラだったのに対して、今回はめっちゃ弱いことに違和感を感じますね。

菜々緒さんのキャラの強い感じが生きていないように感じるのは僕だけだろうか。

2話4話