真田丸3話「策略」昌幸が仕組んだ茶番劇にナイーブな信幸が傷つく

 

大河ドラマ「真田丸」3話

昌幸の策略にあっぱれ!

大河ドラマ「真田丸」の第3話「策略」では真田信繁(堺雅人)の恋の部分、真田信之(大泉洋)の嫉妬心などが描かれるなど新しい一面が見えた回と言えるかもしれませんね。それにしても父の昌幸(草刈正雄)の戦略には「参った!」の一言ですね!

今回の茶番劇の犠牲者になった信之(大泉洋)ですが、その後のフォローの仕方も見事でしたし、まさに人の上に立つべき人といった感じです。
今回から登場したのは真田の郷にいる信繁の幼馴染のきり(長澤まさみ)、そして信繁が恋心を抱いている梅(黒木華)。

きりは信繁の事が好きなのは見ただけでもわかりますが、信繁はただの幼馴染としか見ておらず梅しか目に入っていない感じで、ちょっとした三角関係になっているのが、また面白い感じです。

第3話「策略」のあらすじ(ネタバレ)

真田昌幸らは信州の郷に帰還し弟の真田信尹や叔父の矢沢頼綱に織田につくことを報告します。しかし、弟の信尹はこれまで上杉や北条との関係を築いてきたのに、いきなり織田に仕えようとする昌幸に理解ができませんでしたが、昌幸は織田という男に賭けてみたいという思いを告げます。

頼綱は昌幸の父親である幸隆も若い時の武田信玄に賭けたことを思いだそ。これが真田の気風であると改めて感じるのでした。

真田の領土は信濃の一角である小県郡小県郡というところ。他にも室賀や禰津などの地域が存在しそれぞれが領主である国衆が収めています。室賀が室賀正武(西村雅彦)、禰津が出浦昌相(寺島進)が領主となっています。

昌幸は国衆らを呼び出して織田につく話をしますが、乗り気ではありません。話し合いはまとまることなく終わり昌幸は国衆をまとめることが骨の折れる仕事であると感じていました。

昌幸は信之に上杉に密告の手紙を持っていくように指示をします。上杉は真田を何としても取り入れたいと必死なのだと、その返事が書かれていた手紙で織田と仕えることができなかった時の保険として繋がっておくべきところは繋がっておくべきだと。

信之は重要な役を任されたことで気合が入っています。そして、佐助とともに上杉の元に向かうことに。しかし、信之と佐助は道中で室賀と出浦が率いる集団に襲われてしまう、佐助が切られてしまい、上杉の密告書を奪われてしまいます。

出浦と室賀が真田が裏で上杉で繋がっていたことを知り、真田は我らを織田に突き出し自分は上杉の元のいくつもりなのかと。そして室賀は「この蜜書を持って信長に会ってくる」と言って信長の元に行きます。

信之は襲われたことを昌幸に報告。大事な密告書を奪われた責任を取って腹を切ると言いますが、昌幸は「お前はやるべきことをしただけだ」と擁護します。密告書を奪われたのにどこか楽観的な昌幸です。

そこに出浦がやってきます。先ほど信之を襲ってきた出浦がなぜここに?

実はこれは昌幸の策略だったのです。

昌幸は真正面から織田信長に会ったとしても話を聞いてもらえるはずがないと。室賀が持って行った密告書を見ればそこまでして留めたい真田とはどのような人物なのか興味を持つ。信長から声を掛けられるように仕組んだ巧妙な策略だったのです。

上杉からの密告書というのも嘘。もちろん、佐助も切られておらず死んでいません。信之は壮大に父の策略に騙されたのでした。信之は「なぜ、私にも教えてくれなかったのですか?」と聞きますが、「お前は嘘がつけないからな」と。

その頃、信繁は恋心を抱いている堀田作兵衛の妹・梅(黒木華)のことを丘の上から見ています。そこに幼馴染の高梨内記の娘・きり(長澤まさみ)がやってきます。信繁は梅のお土産を買ってきたから渡してほしいとお願いをしますが、なんで私が渡さないといけないのかと拒否します。

信繁は仕方なくきりにもお土産をプレゼント。きりは仕方がなく梅の元に一緒に行くことにしました。

梅は久しぶりの再会に素直に喜んでいます。お土産を渡し中身を開けるときりにプレゼントしたクシとはグレードが違い、きりは嫉妬してしまいます。そして兄の堀田作兵衛が戻ってきて信繁との再会を喜びます。

その時、室賀の農民が山を荒らしているという報告が入ります。信繁らは山に行って荒らしている農民を追い払います。ここで梅ときりも果敢に戦いに交わっています。なんとか農民を追い払うことに成功した信繁ら。

きりは足を痛めたて歩けないと言います。すると信繁は「仕方がないだろ」と言って彼女をおんぶをします。きりは嬉しそうにしています。

山を降りるとそこに織田から逃げてきた松の夫の茂誠がボロボロの状態でいました。通常なら武田を裏切ったものとして戻ってくることは許されないことですが信繁は茂誠を匿うことに。そして松と再会を果たすのでした。

信之は自害できないのなら殺すしかないと言いますが、松は茂誠をかばい、信繁も「裏切ったことを知らなかった、反省をしているのだから生きて罪を償うべきだ!」と。そして、信之は「このことは父上に報告する。今日は色々とあったから昼頃まで寝てそれから父上に報告する」と。

つまり、それまでに「逃げておけ」というサインだったのです。信繁と松は喜びます。

一方、昌幸の元に織田信長から「参上せよ」という書状が届きます。昌幸の策略は見事に織田信長の心に響いたのでした。昌幸は重信を連れて織田信長に会いに行くことにしますが兄の信之は納得することができません。

これに対して昌幸は生きて帰れるとは限らない、何かあった時は真田家を率いるのだと。これを聞いて信之は納得し残ることにしたのでした。

—3話 終わり—

感想と考察

真田昌幸の策略が巧み

いやー、今回の話は本当に面白かったです。

完全に真田は上杉に付いて出浦や室賀を裏切る計画なのなのかなと思っていましたが、まさか佐助も巻き込んだ飛んだ茶番劇だったとは。完全に騙されました。

これに騙されたのは真田信幸と室賀でしたが、肝となるのは室賀が織田信長にこの密告書を持って行ってくれるかどうかという点。昌幸の思惑通りに室賀はまんまと騙されて織田信長の元に手紙を持って行ったわけですが、だから西村雅彦さんが演じていたのかと納得した部分でもありますね。

三谷幸喜さんは古畑任三郎の時でも西村雅彦さんをハメて物語を進めることは多々ありましたし、そーいう使い方がされるのは非常にお似合いです。

意外とナイーブな真田信幸

この計画を後から知った信幸はひどく傷ついていました。まあ、そりゃそうですよね。室賀と自分だけがこの計画を知らなかったんですから。追い打ちをかけるように織田信長から招集を受け、一緒に行くのは弟の信繁なんですから。

なんで弟ばかり…と思うのは当然のことかもしれません。実際に兄弟間での確執ってあったんじゃないのかなーって思ってしまいますね。

しかし、父の昌幸は息子の扱いもよく知っています。

真田家の長男なのだから我々に何かあった時には真田家を率いるのだと言って丸く押さえこんでしまうんですからね。でも、状況から考えて織田信長から「参上せよ!」と招集を受けているのですから、よほどのことがない限り命を奪われることはないと思うんですけどね。

でも、それで納得してしまう大泉洋さんがとてもキュートでいい感じです。

きり(長澤まさみ)の嫉妬が可愛い

なんかねー、堺雅人さんがと長澤まさみさん、黒木華さんとの実年齢差がありすぎて見栄えがかなり危険な感じになっているように感じるのは僕だけでしょうか。

15歳の時の信繁を演じている堺雅人さん。長澤さんは28歳で黒木さんは25歳ですよ。まあ、現代においてはこれくらいの年齢差は不自然ではないのか。とはいえ、嫉妬している長澤まさみさんがとても可愛らしくていい感じです。

最後のおんぶのシーンって絶対にわざと脚を挫いたフリでしょ。梅のことばかり気にしている信繁を振り向かせるために仕組んだ巧妙な策略ですよね。なんか、いつの時代も恋愛感情ってのは変わらないもんですねー。

前回2話次回4話