真田丸6話「迷走」の感想とネタバレ!どこにも属さない決断!

 

真田丸6話「迷走」のストーリー

安土城で終われる真田

織田信長の死から2日が経ち、安土城にも明智の兵が乗り込んできます。織田の人質として送り込まれていた松(木村佳乃)を救うべく真田信繁は隠れながらも安土から脱出しようと試みます。

しかし、明智の兵の囲まれてしまい、信繁と松ははぐれてしまうことに。そこに、佐助(藤井隆)が信繁を助けに合流。女たちは兵から逃げるためにバラバラになりますが、松は兵に追われてしまい、琵琶湖の崖に追い詰められます。

そこに信繁が現れますが、松はそのまま崖の上から身を投じてしまうのでした。

その後、琵琶湖を松を探したものの着物を発見することができたが、松の姿を探し出すことができませんでした。旦那の小山田茂誠(高木渉)は酷く悲しみます。そして、この土地に留まることを決意するのでした。

滝川についていく

真田家では昌幸(草刈正雄)が息子の信幸(大泉洋)に意見を求めます。

信幸は一度、織田の家臣になったのならば最後までそれを突き通すのが筋だという。昌幸は「なぜ、それを早く言わぬ」と言いますが信幸は「最初からそう申しておる」と反論。

昌幸は滝川一益(段田安則)に明智を成敗して信長の仇を討ってほしいとお願いをします。しかし、滝川はそのつもりはないようです。それよりも信濃の国衆が反乱するのではないかと警戒をしていたのです。

そして一番、警戒していたのが真田昌幸だったのです。

しかし、昌幸は信長の仇をとったものにみなが付いていくのだと上手く説得をし、さらに人質を滝川に差し出すことで納得させることに成功するのでした。

コロコロ変わる方針

昌幸は国衆たちを集めて、滝川についていくことを宣言します。

しかし、先日は上杉に付いていくと言ったばかりであったことから、室賀(西村雅彦)が「そういうのを朝令暮改というのだ!」と反論します。昌幸は「朝令暮改の何が悪い。己の対面のために前の案に固執するのは愚か者じゃ」と。

しかし、国衆たちは誰も昌幸の意見に耳を貸すことはしません。そして、北条に付くことで話がまとまることに。しかし、昌幸はしばらく天秤にかけることにして様子を見ることにします。

昌幸は北条に真田信尹(栗原英雄)を送り込みます。そして、北条氏政(高嶋政伸)に対して「信濃に攻め込むのはやめてほしい」と直談判します。氏政は「北条は織田と約定を交わしておるゆえ、攻め込むわけがない」と言いますが、信尹は「戦国の世は起こるはずのない事が起こるのです」と反論。

北条氏政は「よかろう、約束しよう」と約束を取り付けるのでした。

こうすることで滝川が集中して明智討伐に向けて動くことができると読んでいたのです。

のらりくらりの家康

各武将が明智討伐のための戦略を練っているのに対して、徳川家康は明智討伐には一切興味を示さず「いずれ、誰かがやってくれる」と楽観的な考えです。

滝川から兵の要請が来ていましたが、それに対応するつもりはありません。

 きりと梅の三角関係

信繁が真田の郷に帰ってきます。

松を助けられなかったことを謝る信繁。母親の薫(高畑淳子)はショックのあまり信繁に強く当たります。

屋敷の廊下できり(長澤まさみ)とすれ違います。きりは真田の家で働くことになっていました。きりは信繁を慰めようとしましたが、逆の口論となってしまう喧嘩をしてしまうハメに。

信繁は梅(黒木華)の元に行って話をしています。

梅は「帰ってきてくれて、嬉しい。ほっとしました。もし、このようなことがあったら私を助けてくださいませ、約束です」と少しいい感じになっています。

その頃、琵琶湖のある漁師の家にて、松の姿がありました。なんと生きていたのです。

思い悩む昌幸

明智光秀(豊臣秀吉)が羽柴秀吉に討ち取られたという一報が入ってきます。これにより、羽柴秀吉が力を付けることになることは容易に想像できました。

昌幸は滝川についていく意味がなくなった考えます。

思い悩む昌幸は櫓に向かうとそこに信繁がいました。

信繁は言います。

竹田から織田に領主が変わったとしても信濃のこの自然は何も変わらない。人間同士の争いを笑っているかのようにも見える。私は日本国の真ん中の信濃の景色が好きです。ここに生まれたこと、父上の子として生まれたことに誇りを持っています。

これを聞いた昌幸は「良き息子じゃ」を三回も言うのでした。そして昌幸は決断したのでした。

滝川にも北条にも属さないことに決めたのでした。

信繁が言った言葉によって気づいたのです。日本の中心にある信濃は誰もが欲しがる土地であるということを。

それを逆手にとって誰にも属さずにやっていくと。

感想

信繁は昌幸によく似た

昌幸の思惑とは逆に全て悪い方向に進んでしまいましたが、結果的には誰にも属さないという決断ができたことは真田らしくて良かったと感じますね。やはり、信繁は昌幸に似たということなんでしょう。

兄の信幸は本当に真面目なキャラですけど、本当に昌幸の子供なのかと疑いたくなるくらい性格が違うことに驚きですね。

松が生きていた

完全に松は死んでしまったと思ってしまいましたが、生きていたのが良かったですね。でも、あの家は一体どこなんでしょうか。地元の人に助けられたんだと思うんですけど、表情が普通じゃない雰囲気でしたが、何かあったんでしょうかね。

まあ、あれだけ高い崖から琵琶湖に飛び込んだんですから、相当なショックがあったことは考えられるでしょう。

徳川家康がナイスキャラ

徳川家康のキャラがいいですねー。あの適当さ加減。完全に戦いたくないオーラを出しまくっている。本当に大丈夫なのかと心配してしまいますが、実はこーいう性格だからこそ、のちの支配者として君臨することができたのかもしれません。

今後は豊臣秀吉との対立が描かれることになるのでしょうかね。