真田丸7話「奪回」の感想とネタバレ!昌幸が嘘をツキまくりで信用度ダウン!

 

真田丸7話「奪回」のストーリー

岩櫃城と沼田城を奪還

滝川一益(段田安則)は上野で北条氏政(高嶋政伸)が率いる兵と激突、滝川は劣勢となり箕輪城へ撤退することになります。これを知った真田昌幸(草刈正雄)は、母であるとり(草笛光子)ときり(長澤まさみ)が人質となっている沼田城を奪還することに成功します。

しかし、沼田城には二人の姿はありません。二人は滝川と共に箕輪城に連れられていたのです。昌幸は信繁(堺雅人)と共に箕輪城に向かうことに。昌幸(大泉洋)は岩櫃城を抑えるように指示され、それぞれの道へ。

滝川と接触する真田昌幸

昌幸と信繁は箕輪城に。

滝川は北条との戦いは負けたとし自国である伊勢に戻流と昌幸に告げます。そして、信濃を抜けたら人質を返すと。さらに、抑えていた岩櫃城と沼田城も真田に渡すと言うのです。

この時点で滝川は岩櫃城を真田が奪還したことは知らなかったのです。滝川は上野と信濃の支配よりも織田を立て直すことに専念したいようです。

この状況に昌幸は「困ったのう…、こうなるのだったらもう少し待っていればよかった」と岩櫃城を奪還したことを後悔することに。

しかし、やってしまったものは仕方がない。計画通り、とりときりを奪い返す計画を信繁に託し、昌幸は真田の郷に戻ることに。

岩櫃城で事前にとりときりを探し出して接触をしていた信繁。翌日には滝川は信濃を出て小諸城に入ったところで、助け出すという計画を実行に移すのでした。

その夜、滝川は岩櫃城と沼田城が真田から奪われてしまった事実を知り「嘘ばかりつきよって!」と激怒するのでした。

真田の人質奪回作戦

信繁はうまく小諸城に潜入。信繁らは滝川の家臣になりすまして、二人が拘束されている部屋の前にたどり着きます。

番人をうまく騙して部屋の中に入る部屋の外に。しかし、きりが大事なものを忘れたと戻ります。

それは信繁がプレゼントした簪でした。遅れて部屋の外に出ると番人が戻ってきます。そして、滝川が現れてしまって囚われの身になってしまうことに。

真田の人質が木曽に

滝川は小諸城より先に進むことができずにいました。信濃西部を支配している木曽義昌(石井 愃一)が許可を出さなかったのです。そこで滝川は木曽に直接会って交渉をすることに。

真田の人質を渡すことで通行の許可を取り付けたのでした。そして、信繁、とり、きりらは木曽の人質になります。

木曽は人質らを集めて「何、信濃を納めるつもりだ!人質は駒だ!がはははは!」と。すると、とりと目が会った木曽は何やら動揺を隠せません。

実は、二人は木曽が子どもの頃から知っている関係だったのです。とりは「宗一郎、久しぶりね。信玄公の前でおもらしをしたことがあるのよ」と過去をチクります。そして、木曽に「武田を裏切るとは何事だ!」と強烈なビンタをお見舞いするのでした。

木曽は「自国を守るためには仕方がなかったんだ、わかってくだされ」と。また、人質を取っていることに対して「力を持たぬ者は人質を使うしかない」と。

とりは「信繁ときりらを解放してやってほしい、その代わり自分は残る」と。木曽はこの提案を受け入れ、とり以外の人質を解放することに。

真田は上杉に付くと見せかけ北条に

昌幸の元に出浦昌相(寺島進)がやってきて室賀正武(西村雅彦)が北条の元に付いたと。昌幸は出浦に「一旦、北条に付いてくれ、そうすれば内情がわかる」とし、真田は北条に付かないと告げます。

昌幸は上杉景勝(遠藤憲一)に会いに海津城に。そして「北条に付くつもりはない、共に信濃を守り戦おうではないですか」と上杉に付くことを告げます。上杉は昌幸の言葉を信じて小県を守ることを誓います。

昌幸は作戦に失敗した信繁を「それで、とりを置いて戻ってきたというのか」と叱りつけます。「お前の欠点は勘に頼りすぎていることだ。」と勘に頼りすぎるのは良くないと。

昌幸も勘に頼って多くの失敗をしてきている。今はその場数を踏んでいることから成功することは多いが今でも失敗をすることがあると。兄の信之は勘に頼ることはなく間違いが少ないと。

昌幸は「どちらが正しいと思う?」と聞きます。信繁は「兄です」と答えますが、昌幸は「それは違う」と。

「源三郎と源次郎、合わせて一つじゃ。源三郎は間違いは少ないがくそまじめで面白くない。お前は過ちを犯すが面白い。面白くなくては人は動かん。二人で一つじゃ」と。

昌幸は上杉の家臣・春日信達を調略して上杉から北条へ寝返らせるという指示を出します。こうすることで、北条に付くときの良い手土産になると考えていたのです。

感想

きりが若干ウザい…

きりの性格が結構ウザいですね…。とりが「あの子はうるさいから人質から解放してあげて」って言いたく気持ちもわかりますし、信繁がウザそうにしているのもよくわかります。可愛いのに損をするタイプと言えるかもしれませんが。

でも、こうやって信繁が捕まったことによって木曽の人質になって、とりと木曽が出会ったことで解放されることになったので、結果的には滝川から見ても、真田から見ても良かったのかなと感じますね。

でも、木曽ととりの関係がまだ謎のままですね。いくら、子供から知っている関係とはいえビンタができるってすごいですよね。

嘘つき昌幸

ちょっと、昌幸の嘘がここまで多いとどうなんだろう…って思ってしまいますね。若干、 暴走しているようにも見えますが。滝川は敵ってわけでもないのに、利用して裏切ったことにもなりますし、さらに上杉に対しても大嘘をついて裏切る展開になるのですから、道理からは完全に逸れているようにも感じます。

信繁もこのことについては恐れを感じているようですからね。

第7話ではどのような展開を見せてくれるのか楽しみですね。