フラジャイル 6話 感想とネタバレ!奈良井医師(篠井英介)がとてつもなく怪しい。

 

フラジャイル 6話の感想

ドラマ「フラジャイル」6話の展開がありえなさすぎて非常に面白かった。というか、このドラマに出てくる医師ってロクでもない人が多すぎますね。今回、登場した奈良井医師は篠井英介さんが演じたのですが、本当に悪役を演じさせたら右に出るものがいないというくらい胡散臭い医師でしたね。

もし、自分の前にこんな医師が現れたら速攻で通院拒否してしまうと思います。

診療相談外来を設立

壮望会 第一総合病院では診療相談外来が設立されます。病理医は患者と会うことがないのが特権なのに岸京一郎(長瀬智也)と宮崎智尋(武井咲)が駆り出されることに。

案の定、岸はすぐに嫌になり宮崎に任せてしまう状況に。というか、病理医なんだから検査してないと仕事が溜まる一方なんじゃ。ただでさえ、宮崎が帰る時間が深夜だというのに。

この病院もかなりブラックということなんでしょうか。

一人で診療相談外来を担当する宮崎ですが、経験が浅いことから患者とどう接していいかわからない模様。経験浅いとは言いつつも元臨床医ですから患者の接し方で迷うってどうなんだろう。

これだけシドロモドロしてたら逆に不安になるなー。

これを見ていた中熊教授(北大路欣也)が助け舟。さすがの安定感のある患者との接し方。中熊教授は「患者と突き放してみるんだ、患者と接していない病理医だからできること。自己流の患者の接し方を見つければいいんだ」と素晴らしいアドバイス。普段、遊んでいるだけじゃなかった。この人。

診断が変わりすぎて不安になる患者

梅木みゆき(山崎絋菜)が息子が急病して病院に。

そして担当医は運悪く奈良井医師(篠井英介)。呼吸が安定していないことから人工呼吸器をつけるものの、人工呼吸器の圧力に肺が耐えきれなくなっているので人工肺を使いたい、だから同意書にサインをしてくれという。

下町ロケットでは人工心臓だったけど今回は人工肺。

みゆきはよく理解せずに同意書にサインをします。そして人工肺に切り替えようとし人工呼吸器を外すと息子の呼吸は安定しだしたのです。

奈良井医師は「なぜなんだ??」

いや、しっかりしてくれ。怖いし。そして、日和見感染になりSCID(重症複合型免疫不全症)になっているという診断を検査をロクにせずに出します。

こんな状況から不安感が高まったみゆきは壮望会の診療相談外来に相談しに来ることに。まあ、そうですよね。こんな信用できない医者です。僕だったら病院を移転すると思います。

でも、みゆきは奈良井医師より「治療は信頼関係が必要だ!」と言って紹介状を書いてくれません。なので、岸らには正確な診断データを確認することができなかったのです。

みゆきはその言葉を鵜呑みにするもんだから「もう、そちらに行くことはありません」っていうし。どう見たって奈良井医師の方が胡散臭いだろ!しかし、なんとかもう一度呼び出すて、岸と宮崎はみゆきを説得。

岸は「奈良井先生との間に、信頼関係はあるの?なたの望んでいることは何?」と。

みゆきは「悠太が元気になることです」と。そして「息子さんを助けるためには100%の診断が必要。あなたは運がいい!ここなら100%の診断を出しますよ」と。

赤ちゃんを略奪

診断書のデータもデタラメの可能性があることから岸は宮崎に病院に行って採血をしてくるように指示。この時点で凄い事言ってます。違う病院に行って勝手に採血ですよ。犯罪です。

さらに、病院の前に着いた宮崎に電話で「CTも撮らないといけないから連れて帰ってきて!」と。いやいや…誘拐じゃないですか。

そして素直にそれを受け入れる宮崎は凄い。そんな勇気、ないわー。

まさかの栄養失調

検査の結果、まさかの栄養失調。

奈良井医師はそれを診断することができなかった無能な医者。もうやめてしまえ。

そして、みゆきは本当の母親ではなかった。姉の息子だったのです。姉の家に行ったら姉は失踪していて息子がベッドの上で寝ていたようです。栄養失調ということは数日間時は放置していたってことでしょうか。

それを妹が発見して病院に連れて行ったと。だから、栄養失調ってことも気付かなかったのか。それにしても、奈良井医師の診断も酷いですけど。放置する姉は酷いもんですね。

次回は志賀廣太郎さんが登場するようです。この人の声が本当に渋い。