わたしを離さないで 4話 感想(ネタバレ)残り少ない自由な時間をどう満たすのか

 

ドラマ「わたしを離さないで」第4話の感想

いきなり大人な世界に

恭子(綾瀬はるか)、美和(水川あさみ)、友彦(三浦春馬)の3人は共同生活をするコテージにやってきます。そこには他の施設からやってきた人たちもいたのですけど、意外と大人数なんですね。

そして男女が入り混じっている。そして、お先真っ暗な人生。ってことはかなり乱れた生活をしているんだろうなーって。そう思ってたらやっぱり、掃除はしてない、当番制もない、昼間っからヤってるは乱れまくり。

まあそうだよね。運命はすでに決められているんだし男女揃っているならヤルことは一つって感じ。一歩間違えばかなりカオス状態なドラマになってしまうのですが、そこは綾瀬はるかさんが主演のドラマですから、そーいう方向にはいきません。(若干、裸のシーンは多かったですけど)

ちなみに、彼らは生殖能力は持っていないようです。作り出されるときに遺伝子操作により子どもができない体になっているんだとか。

なるほど。

クローン人間が子どもをポンポン産んだらそれこそ悲劇ですかね。しっかりしてますな。

こんな乱れたコテージに来たもんだから美和も友彦を速攻で誘ってヤリます。しかも、その時の声がだだ漏れで恭子が部屋の前で聞いてしまいショックを受けることに。さらに美和が噛んでと言った首の跡を翌朝に見せて自慢する始末。

本当にこの女は性格が悪すぎるんだなー。

陽光出身者は特別扱い

陽光学園は特別な学校のようです。

普通は介護人になるためには申請する必要がありコテージで自由な時間を送れる猶予期間も通常はないんだとか。つまり、この3人は苦労することなく介護人になれる資格があるということ。

なぜ陽光学園だけがそのような優遇を受けることができるのか、そして3人だけ介護人を知らされていなかった理由はなんだったのか、謎は結構多いです。

最後の方で、まさかの龍子先生が校長先生に陽光の秘密を知られてしまったかのようなシーンがありましたが、何か関係しているのでしょうかね。

真実から恭子に手紙

恭子の元に陽光で一緒だった真実(中井ノエミ)から手紙が届きます。恭子は速攻で彼女がいるコテージに管理人さんの峰岸(梶原 善)に連れて行ってもらうことに。「逃亡したら解体するよ」って笑顔で忠告。

怖すぎるやろ。

真実って子役の時の方が日本語上手だったよね。中井ノエミさんになってから日本語が下手くそになった。まあ、仕方ないことか。でも気になる。

このコテージは恭子のいるところと違って非常に清潔感溢れた感じ。そして意識レベルが高い提供者が多いようにも感じます。そして、真実はタバコも吸っています。外部の支援団体から貰っているそうで、龍子先生も学校に来る前はここで働いていたことも明らかに。

龍子先生が陽光に来た理由はクローン人間を救い出すため、だったようです。じゃあ、なんで学校ではあんなに消沈していたのだろうか?

ちょっと疑問が残る。

真実はここで人権を主張するための活動をしているという。恭子も誘うのですが、真面目なので「私たちのおかげで助かる命もある」と提供者の鏡のような発言。

でも、結局最後まで生き残るのは恭子なんだよなー。

友彦の意気地なし

解体されてしまうから帰る恭子。コテージの外で友彦がゴミを漁っています。美和が取り乱して宝箱を捨ててしまったんだとか。だから大事なものだけでも友彦が拾っているんだとか。

もう、そんな女、放っておけ!!

この時点でかなり孤立していた恭子は残り3年しかないからコテージの人たちみたいに人を好きになることは当たり前だと思い直すように。友彦は恭子を好きになってくれる人はいると、すると恭子は「トモは言ってくれないの?」と初めて誘い出すような言葉を。

友彦は恭子の手を握るのですが、途中でやめて美和のものに…。あー、意気地なし男が!!

立花浩介と結ばれることに

恭子は「一人は嫌!!」といって走り出し、その先はなんとコテージのリーダー立花浩介の部屋!

浩介は驚きますが察したようで恭子を抱き寄せキス。そして、そのままベッドインしコテージのみんなと同じように新しい世界に飛び込んだのでした。

「こうやって肌を合わせていると世界は自分と相手だけになる」

名言、出ました。

ある日、龍子先生は一枚の紙を陽光の校長に突き出します。校長は驚きを隠せません。そして陽光を作った理由を語りだすようです。どんな秘密があるのか?

いきなり時は流れ半年後。美和はショートヘアに。これ、カツラ?本当に髪の毛切ったの?髪の毛を切ったことすら自慢したい美和は恭子の元に。すると恭子はエロ雑誌を見ていました…。

どうした?そんなに性に目覚めてしまったのか??