真田丸 5話「窮地」徳川家康を助ける服部半蔵役にまさかのハマカーン!

 

真田丸5話「窮地」のストーリー

本能寺の変

天正10年(1582)6月2日の早朝に織田信長(吉田鋼太郎)が家臣の明智光秀によって討たれます。これは信長が武田家を滅ぼしてからわずか3ヶ月後の出来事でした。明智は信長の息子である信忠の二条城にも兵を進め襲撃。

あっという間に織田家は主を失ってしまうことになります。

徳川家康(内野聖陽)は信長が討たれたことを知りませんでした。信長に京で会う予定をしていたことから京に足を運んでいましたが、その道中で信長が明智の手によって討たれたことを知ります。

身の危険を感じた家康は三河に帰るために戦略を練ります。しかし、道中は明智が治めている地域ばかりで危険。そして山深い伊賀を通って帰ることを考えつくのです。通常ならこのルートは選ぶことはない、意表をついたルートだからこそ明智から逃れることができると考えたのです。

山中、穴山梅雪(榎木孝明)はあまりに険しい山道であったことから家康の歩くペースに根をあげていました。そして、二手に別れた方が敵を欺くことができると考えた梅雪は家康にそれを提案。梅雪と家康は別々の道に行くこと。しかし、梅雪は山賊に襲われてしまってあっけなく命を落とすことになります。

一方、家康の前に伊賀出身だった家臣・服部半蔵(ハマカーン 浜谷健司)が現れ、彼の案内の元に三河に帰ることになります。

真田も混乱

真田信繁(堺雅人)らがいる安土城では今日で大火事があったという事実が伝えられるものの情報が錯綜している状況だったことから、状況を確認すべく信繁は京に向かうことに。

一方、真田の郷にいる父・昌幸(草刈正雄)の元には一切、このような事があった事はまだ伝わっていませんが、少し時間が経ってから真田信幸(大泉洋)が本能寺の変があった事を知りします。

そして昌幸の元に明智からの使者がやってきて密書を見せられ織田信長が本当に討たれたという事を信じるしか他ありませんでした。明智の使者は他の国衆にも手紙があるといいますが信幸は10日ほど湯にでも入ってゆっくりせよと拘束し手紙を奪い取るのでした。

あくまで真田家だけに手紙が来たことにして他の国臭に真田は特別なのだと思わせることで実権を握ろうと企んでいたのです。

昌幸は織田信長が死んだことによって各地の大名が立ち上がると見ています。主君を失った織田勢が抑えられるのか疑問を感じています。

信幸はあくまで織田についたのだからそのまま留まるべきだと考えています。そして、父に「本心を知りたい」と申し出ます。

昌幸は堂々っと「わしの本心か。はっきり言おう。全くわからん!わしはどうしたらいい?教えてくれ!」と。

真田家には国衆の者たちが集まっています。

室賀正武(西村雅彦)は真田に先見の目がなかったのではないかとひどく真田を批判しますが明智は真田を代表として選んでいると国衆は思い込んでいることから室賀はそれ以上は何も言えませんでした

そして昌幸は「信長亡きあとの織田に、天下を治めるだけの力はない。よって我ら小県の国衆は、織田を見限ることにする」と国衆の前で宣言するのでした。

すでに弟の真田信尹を上杉景勝(遠藤憲一)の元へ向かわせています。上杉景勝は真田らを受け入れることは承諾するもんお、織田勢を追い払うことに断ってきました。弱っている織田を狙うのは本望ではないと。

「弱気を助け、強きをくじくが上杉家の家風」

ただ実情は今までの織田家との戦いによって魚津城を奪われ上杉も瀕死の状態だったことから戦いを避けたいというのが本音でした。

昌幸は上杉景勝に付くことは諦めます。

松を救い出す信繁

松(木村佳乃)の身に危険が及んでいること感じた真田信繁は急いで安土城に戻ります。すると明智の兵がすでに街中に。松は城内に連れて行かれたことを知り、信繁は混乱をしている中、すんなりと城内に潜入することに成功。

そして松を発見するのでした。一緒に人質になっていた女20人ほども一緒に抜け出すために城内にあった抜け穴から逃げ出すことに。

その頃、家康は伊賀を越えて岡崎城にたどり着いていました。

—5話終わり—

5話の感想と考察

ハマカーンの浜谷が出てきた

家康を先導するために登場した服部半蔵役としてハマカーンの浜谷さんが出てきたのには驚いてしまいましたね。彼のおかげで家康が無事に故郷に帰ることができたのですが、その突破する仕方がなんとも雑な感じで、家康の弱い部分をうまく引き出していたナイスキャラクターでした。

家康って結構弱虫な部分があったんですね。しかし、そーいう一面があったからこそ、のちに日本全国を支配する体制を築くことができたのかもしれません。

全くわからん!!

草刈正雄さんが演じる真田昌幸、最高ですね。今回も出ましたよ。

「わしには全くわからん!教えてくれ!」

正直すぎる。さすがの息子の昌幸も言葉がありませんでした。そりゃそうでしょ。父親が「わからん!」って叫んでいるのですから。でも、この状況下を楽しんでいるように見えるのはさすがといったところ。

今後、どのように立ち振る舞うことになるのか楽しみ。

松の度胸も据わっている

やっぱり松も真田の血筋を持っているんだなと本当に感じます。安土城で拉致されそうになっているのに、同じ人質だった女子を助けようとお願いをするのですから。信繁もこの熱い思いを抑えることをできずに危険を承知に20人もの女子を救出。

なかなか出来るものではありません。まあ、あっさりと抜け穴が見つかったりとかなり都合いい感じでしたけど。

3角関係はどうなるか

真田信繁の幼馴染のきり(長澤まさみ)と梅(黒木華)がどうなるかも今後の見どころの一つ。二人は信繁のことが好きな事は間違い無いのですが、第5話ではきりは梅に信繁を譲るような発言をしていました。

しかし、きりの父親は信繁と上手くいってほしいと願っており、そんな中で父は真田家で働くように命じ、源次郎(信繁)と話す機会が増えるだろうと期待をしています。これにはきりも笑顔になっていました。

梅には譲る発言をしていたきりですが、実際はまだまだ信繁のことを狙っています。ここの3角関係がまた面白そうで、今後に期待ですね。

4話 ・ 5話 →